【FF14】パッチ5.3「クリスタルの残光」メインクエスト攻略・ストーリーネタバレ

パッチ5.3「クリスタルの残光」が公開となりました!メインクエストの概要、ざっくりとしたストーリーのおさらいを記しています。イベントバトルの攻略情報もかるーくお届け。

前回はエリディブスによる、君こそ光の戦士だ大作戦!によって、脱サラヒカセンが増えている問題が浮上しました。
また、アナムネーシムでハイデリン、ゾディアークの生い立ち(?)にも触れた一行。
そろそろ退院したゼノス様からのラブコールがありそうな気がしつつ、漆黒のヴィランズ完結編の物語を読み進めていきましょう。
完全にネタバレ記事ですので、閲覧には十分ご注意ください。

【FF14】パッチ5.2「追憶の凶星」メインクエスト攻略・ストーリーネタバレ

スポンサードリンク

光の戦士の物語

クリスタリウムにいるペンダント居住館の管理人に話しかけて、ストーリーを進行させましょう。
モーレン(誰だお前は)からお礼をしたいとせがまれたので、光の戦士の起源を調べて欲しいとをお頼みしました。


元々は、単に英雄を指した言葉だったとされる光の戦士。
2つの世界で同じ呼び名だったのは、ハイデリンがそう呼んで導いたからではないかとアルフィノは推測します。

そしたらなんか200%無垢な存在たちに、光の戦士のなり方を聞かれてときめく闇の戦士。
未来の光の戦士のために、薬の材料を集め、モンスターを倒し……奔走するのでありました。

アリゼーが目眩い……またちょっと仲間の様子がおかしいねえ。
前回の物語でも、サンクレッドとウリエンジェが体調悪そうだったような。

思い出の場所でふけっていると、エリディブス登場。
少しだけ彼の過去が見えましたが、それよりもヒカセンと古代人がダブってたねえ。。

水晶公が何かしゃべりすぎて不安になります。
エリディブスにグサッとされたのが伏線になったりしないよね。

そこにリーンが登場し、なんとサンクレッドが倒れたとの情報が…!

ここに来て体調不良の伏線回収。
やっぱりアリゼーのも同じだったみたいですね。
肉体と魂の結びつきも、そろそろ限界のようです。

ソウル・サイフォンも完成間近。
主人公は原初世界に戻り、仲間の肉体の様子を見に行くことになりました。
第一世界では、新たに「黒い衣の不審者」について探るようです。

タタルの元へ向かい様子を聞くと、こちらの世界でも仲間の体の調子がおかしいらしい。
クルルによって治療が行われていたみたいだけど、かろうじて生きているってラインだとか。
魂のない仲間が横たわっている、なんとも言えない光景です。

クルルに第一世界側の事情を伝え、タタルからはみんなに届けて欲しいと手作りの「賢人パン」を預かりました。
鼻に抜ける独特の香り……うーん、美味ってわけではないんかいな?

とりあえず、水晶公に賢人パンの差し入れです。
水晶公曰く、話しながら食べたら絶対に喉に詰まらせる代物らしい。
なんだその食べ物は、怖すぎる。

第一世界で黒い衣の不審者を探っていたサンクレッドたち。
黒い仮面のアシエンのようですが、今の所大きな問題には発展してない様子です。

ようやくソウル・サイフォンのお披露目!
試行錯誤した結果、結晶化した水晶公の血を用いて最終チェック?に入るようです。
水晶公も、原初世界でいうグ・ラハ・ティアとして戻れるのでは?とアリゼー。
彼自身にその気があるのか謎ですが……リスクもあり、一筋縄ではいかないようです。

ヤ・シュトラの様子を伺いにアニドラスへ向かった主人公ですが、姐さん倒れてる!
そしてまたしてもエリディブス!
超える力でエリディブスの過去を再び見るのですが、元々勤勉というか、心配性?仲間思い?な方だったようです。
亡き世界と人々への想い、一方で今の自分を見失っているかのような言葉も。

イベントバトル「色あせた記憶」

エリディブスにヤ・シュトラが拐われてしまったので、それを追って「色あせた記憶」を攻略しましょう。

これまで旅を共にしてきた仲間や、かつての敵が次々と登場します。
揺さぶられる心をグッと落ち着け、淡々と倒していきましょう。

最後にアルバート戦です。
範囲攻撃が多いので、予兆を見てしっかり回避しましょう。
攻撃自体は痛くありませんが、範囲を連続で食らわないよう注意です。

ヤ・シュトラが復活し、エリディブスの核心に触れます。
元々エリディブスはゾディアーク召喚の核となった存在で、何かの理由があってゾディアーク本体から分離。
世界を救うために生み出された蛮神そのものであり、それを根元に動いていたようです。

アルバート戦後、周囲に何やらクリスタルが落ちてあるのに気がつきます。
形は同じだけど色、模様が異なっている。

すべてのクリスタルを拾ったあと、ヒュトロダエウスと再会します(すっかり忘れてたなんて言えない)。
クリスタルには、十四人委員会の人々の記憶が込められていました。
エメトセルクの持ち物だったようですが、ヒュトロさんが「あげるよー」とのこと。
エリディブスと揉めてることもついでに愚痴っちゃいます。

最後に、ゾディアーク召喚前に抜けた委員会の人のクリスタルもいただきました。
クリスタルを渡されて「返した」からねって言われましても……そんな意味深すぎるセリフ吐かれましても…。

ユールモアに一旦集合

黒仮面は弱すぎるとのことで、やはり光の戦士盛り上げ計画の駒だったようです。
そこにまた、流星雨の幻影が出現。
偽物の流星雨で超える力に目覚めた民がまた増えたようですね。


そして謎の光の戦士?たちの襲撃!
誰かに召喚された?水晶公の召喚術に似ている?
ひとまず水晶公の元へ急ぐことになりました。

チャイ・ヌズの提案で、飛空艇に乗りクリスタリウムに急行!
ここで新ID「漆黒決戦 ノルヴラント」の開放です。
フェイスで参加可能、メンバーを育成していなくても、この時だけは大丈夫です。

【FF14】『漆黒決戦 ノルヴラント』攻略|ボスのギミックや道中ポイントなど


一方その頃、の少し前にソウル・サイフォンを完成させた、水晶公とベーク=ラグ。
エリディブスの襲撃にあい、ピンチに見舞われてしまいます。
急いで駆けつける主人公ですが、そこには倒れているベーク=ラグと苦しむ水晶公の姿が。
辛くも2人は逃げ延びたものの、ソウル・サイフォンを奪われてしまいました。
魔具の中にある水晶公の記憶や血を利用し、先ほどの謎の光の戦士たちを召喚したようです。

ベーク=ラグは衛兵に任せ、クリスタルタワーに向かうヒカセンと水晶公。
おっと、健気美人のライナさんがいましたね!
水晶公の前では泣かず、去ったあとに涙する……イイ女の称号をあなたに差し上げます!

スポンサードリンク

始まりと終わりの光

なんでクリスタルタワーにエレベーターつけなかったんですかー!!
階段をせっせと登る2人ですが、ついに水晶公が倒れてしまい。
このままだと埒があかないということで、先に行けと水晶公に背中を押されます。

エリディブスと対峙するヒカセン。
一瞬迷いが見えるエリディブスですが、調停者としての役目を全うしようとします。

ウォーリア・オブ・ライトに姿を変えるエリディブス、しかしその刃は効かない。
ヒュトロさんにもらったクリスタルを手に、ヒカセン謎の術を発動!アゼムって誰!!
古代人のエッセンス度々感じてたけど、なんかもうそれっぽい!
そしてここで「ウォーリア・オブ・ライト討滅戦」が開放となります。


Wol戦後、水晶公の切り札発動!
なんかすっごいかっこいいのに…

うさぎの着ぐるみで来るんじゃなかったああああああ

昇天していくエリディブス。
自分が戦っていた理由を思い出したようです。
結局みんな、自分の好きな誰かの為に戦っていたんだね。

水晶公の体はクリスタルと化してしまったけれど、ソウル・サイフォンに込められた魂と記憶を原初世界に持ち帰れば、ワンチャンありそうだぞ、と。

ここからは、第一世界の人々へ最後の挨拶行脚。
まずはハルリクのことが気になるアリゼーと一緒に、様子を見に訪れます。
テスリーン、あれはちょっと衝撃だったね。
何一ついらないものなんてないんだという想いを胸に、次はユールモアのアルフィノの元に。

するとドゥリア夫人大号泣中。
かわいいアルフィノちゃんとのお別れが悲しいらしく、涙が止まらないご様子です。
なんとかなだめてお別れを告げたあとは、セトにアルバートのクリスタルを届けに向かいます。
大きくなったセトの姿を見たアルバートと、想いを伝えられたセト。
そしてこれからも、アルバートの冒険は続いていくのでした。


次に訪れたのは、ルナルのところ。
お花!プロポーズやんけ。姐さんを引き留めたくてしょうがない、でも困らせたい訳じゃない、ちょっと大人ぶりやがってルナルかわいいぞルナル。

最後はトゥワインに飛び、サンクレッド達と合流です。
リーンはまだまだ、強がっているように見えたけど、そりゃそうだよね。
親離れと子離れ、無事にできるでしょうか。

クリスタリウムに再集合し、改めてリーンとお別れの挨拶をする一行。
ライナ達やクリスタリウムの民も駆けつけてくれ、言葉を交わします。

クリスタルの残光

ついに帰還の準備ができ、実行に移す冒険者たち。
ソウル・サイフォンを手に持ち、ベーク=ラグ(いつの間に元気に…)の指示通りに進めていきます。
アンジェロの力も借り、なんとか魔具の中に記憶と魂をセット完了したらしい!
落とさないように慎重に持ち運ばなければ……あっパリーン!とか洒落になってないからね。

原初世界にある仲間達のそばに、ソウル・サイフォンをセッティング。
するとあら不思議!魔具が光り輝き始め、次々と意識を取り戻す仲間達!
想像以上にスムーズに事が運んで良かった良かったです。

そして最後の魔具を手に取り、走り出すヒカセン。
もちろん、彼の居るあの場所ですね。


装備も新調されたグ・ラハ・ティアさんです!
ずっと仲間だったけど、暁の血盟に正式加入となりました、やったね!

そういえば…パンを食べるってエモート、今回の物語のために用意されてたのかしら。

ゼノス様大復活祭始まるよ!


本調子を取り戻したご様子のゼノス様、この人です。
そして例の白いローブの男、まあ舌が回る回る。
お・か・ね!私も大好きですよお・か・ね!

はい、なんとなくそうじゃないかなーと思ってたら、ローブの下から出てきた顔はアサヒさんのそれ。

こんなミュージカル調のお人…なわけはないですね、はい。
ファダニエルさんっていう新キャラに器として使われちゃいましたね〜。
星と命を巡る物語は最終章へ突入!らしいです。

以上でパッチ5.3「クリスタルの残光」のメインストーリーは終了となります。
エリディブスの活躍があっさり終わった感もありましたが、エメトセルクと立ち位置がかぶるような気もしたので、これはこれで良かったのかな。
ゼノスとファダニエルの新公演ミュージカルに期待を寄せつつ、次なる物語を待っていましょう。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。