【FF14】初心者のための「HUD」とは?編集方法や見やすいポイントも

初心者は必ず疑問に思うであろう「HUD」。HUDとは何か、カスタマイズの方法などを細かく解説しています。知ってしまえばこっちのもの、プレイが一段と円滑になること間違いなしです。

ゲームを始めると、画面上に多くの情報が表示されているのに気がつきますね。
HPやMPのゲージ、マップ、クエスト内容など、画面を見るだけでたくさんの情報が確認できるようになっています。
これらの表示が「HUD」と呼ばれる機能です。

スポンサードリンク

HUDとは?

FF14では、画面上に表示されている様々な項目の配置をHUD(ヘッドアップディスプレイ)と呼びます。
“ハッド”とも呼ばれ、メニュー画面からレイアウトのカスタマイズが可能です。
もちろん初期設定のままでも十分なのですが、より自分流にプレイしたい方はHUDにもこだわってはいかがでしょうか。

《HUDを変えてみよう》

システムメニューの「HUDレイアウト変更」からHUDを編集できます。
変更したい項目はプルダウンリストから選択しましょう。
サイズはR3を押すごとに数種類に変化、位置はスティック操作で調整できます。
それぞれオレンジ色の枠内に表示されるようになります。

《レイアウトは4つまで保存可能》

1〜4のスロットにそれぞれHUDレイアウトを作成・保存しておけます。
編集後は最後に「保存」を押すことを忘れずに。
これでクラスやロールごとにHUDを切り替えることも可能です。

スポンサードリンク

HUD変更時のポイント

私も初心者ではありますが、何度かHUDレイアウトをいじってみて気がついた点を紹介します。
これから初めて編集してみるという方は、目安になれば幸いです。

《スッキリ感重視がおすすめ》

色々な情報がありますが、できるだけスッキリとコンパクトにまとめるのが初心者さんにおすすめです。
序盤は一度に情報を整理するのが難しいので、HPやMP、マップ、ホットバーなど基本の情報を見やすい位置・サイズにしておきましょう。
バトル時にあまり見ない情報は画面端に小さく置いておくだけで十分です。

《バトル時の使いやすさを優先》

HUDがごちゃついていると、バトル時にも見にくくホットバーの活用がスムーズにいきません。
何よりバトルで有利になる、邪魔にならないようなレイアウトが理想でしょう。
特にIDなどコンテンツバトルでは、自分だけでなく敵やパーティの情報にも目を配らなくてはなりません。

それを前提とすると、やはりホットバーやステータス状態が一目でわかる配置が◎。
中心下部にHP・MPと置き、近くへホットバーを集約させるなどあちこち見なくて良いようにしたいですね。

クロスホットバーは起動時に表示がかぶらないよう、ステータスゲージ系の上におくのがおすすめ。
キャストバーはよく見るので、やや大きめで中心あたりに置いてみましょう。いろいろと試してみるうちに、自分にぴったりのHUDへ近づいていくはずですよ。

ヒーラーさんにオススメのHUD

IDなどパーティを組むコンテンツの場合、ヒーラーはほとんど仲間のHPとステータスを見ていることになります。なので、パーティ表示をしっかり見やすい位置&大きさに表示しておくのが第一です。自分のバフステータスもパーティ表示のそばに置いておくと見やすいですよ。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。