【レビュー】バトルロイヤルFPS『ApexLegends』の魅力はチーム戦にあり

近年溢れてきた印象のバトルロイヤルFPS、そのジャンルに仲間入りしたのが「ApexLegends」です。エレクトロニック・アーツ発、基本無料のゲームとなります。

最近人気と噂の(?)「ApexLegends」に手を出しました!
基本無料で遊べる、バトルロイヤルFPSです。
PUBGやフォートナイトとの違いは何なのか、ゲームの魅力について紹介します。

スポンサードリンク

ApexLegendsとは?


2019年2月に配信された、エレクトロニック・アーツ社のゲームです。
一斉降下して武器を漁り、狭くなるエリアの中で戦いを繰り広げる。
現在主流のバトルロイヤルスタイルですね。
今のところバトルロイヤルのソロモードはなく、デュオかトリオでのプレイとなります。
訓練場ではソロプレイも可能です。

PS4、PC、Xboxに対応。Steam、スイッチ版もリリース予定


現在対応しているプラットフォームは、PS4、PC、Xboxとなっています。
2020年秋にはSteam、スイッチ版がリリース予定です。
また、今の所クロスプレイ(異なるプラットフォーム同士でプレイ)には未対応ですが、秋のハード追加に伴いクロスプレイにも対応するとのこと。
ApexLegendsのさらなる盛り上がりが期待されますね。

スポンサードリンク

ここがポイント!ApexLegendsの魅力

筆者は特別FPSに詳しい訳ではありませんが、他のゲームを遊んでみてApexLegendsはここが面白い!と感じた点をまとめました。
どちらかというとFPSに慣れていない素人目線なので、これから初めてFPSを遊ぶ、得意じゃないけどやってみたい、という方は参考にしてみてください。

レジェンドごとに違うアビリティの使い分けがキモ


レジェンドとは、使用するキャラクターのこと。
見た目や性別が違うだけではなく、どのレジェンドを選択するかで使える技(アビリティ)や特徴が異なります。
例えば味方を回復できたり、バリアを張って攻撃を防ぐなど、レジェンドごとに様々なアビリティを所持しているのです。
レジェンドの持つ能力をいかに引き出せるかが、戦況を大きく左右します。

とにかくチーム戦が重要


個性的なレジェンドが複数集うことで、幅広い戦略性を生んでいるApexLegends。
互いの得意技を生かすことが、勝利への鍵となります。
1人1人がアビリティを所持している以上、エイムの腕前だけでの単独突破は難しい一面も。
故にチームの結束力や連携が重要となるのです。
実際に遊んでいても、PUBGやフォートナイトほど明らかな単独行動する人が少ない印象を受けました。
ソロモードがないのも、アビリティの有無に理由があるのでしょうね。



チーム戦の重要さを象徴するのが、敵やアイテムの位置を知らせあえる機能。
パッドならR1ボタンでアイテムのありかを知らせたり、2回押しで向いている方向に敵がいることを示せます。
密に連携を取れるこうした機能のおかげで、素早く装備品を確保したり、敵の存在に気づくことが可能。
VCなしでも、細かい情報のやりとりができるのは助かります。
ソロより仲間と戦うのが楽しい、そんなユーザーにイチオシです。

やられても諦めるな!復活目指して助け合おう

倒されたら即終了のFPS、初心者ほど敷居が高いイメージがありますよね。
ApexLegendsには、一度倒されても復活できるルールがあります。
倒された人はボックス化しますが、それを仲間が回収し、リスポーン地点まで運ぶことで復活できるのです。
リベンジのチャンスがあるのは嬉しいポイント。
ちょっとしたミスで悔しい思いをすることが多いFPSですが、仲間の連携次第では十分仕切り直しがききますよ。

FPS初心者でも楽しめる!チーム戦が好きなユーザー必見

基本はFPSなのでエイム力や判断能力も重要なのですが、やはり仲間との連携が何より大切なゲームとなっています。
まずは一通り訓練モードでレジェンドを使ってみて、自分に向いている特性を持ったキャラクターを見つけてみましょう。
チームワークが鍵となってくるApexLegends、みんなでワイワイできるFPSを探している方にもおすすめですよ。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。