【MHW】モンスターハンターワールド発売間近!最新作の魅力とは

こんにちは!rihiraです。間も無く発売となる「モンスターハンターワールド」。人気の最新作、今回の魅力とは?

一世一代の狩りブームを巻き起こした、カプコンの代表作「モンスターハンター」。
“ワールド”のサブタイトルがついた最新作ですが、間も無く3回目のベータテストも実施されます。
予約も済ませたし、あとはこたつに入って待つだけ。
話題沸騰間違いなしのMHW、魅力やポイントをまるっとチェック!

スポンサードリンク

モンスターハンターワールドとは

ご存知通り、モンスターハンターシリーズの最新作になります。
発売予定日は2018年1月26日(金)。
狩りゲーの金字塔となったモンハン、実はrihiraはMHWで何年ぶりかの復帰となります。
自分自身のおさらいも含めつつ、ワールドの楽しみ要素をおさえにGO!

基本の面白さ+グラフィックレベルが高い

クエストを受注してモンスターを狩り、素材を剥ぎ取る。
集めた素材とお金でより強い装備を作り、さらに獰猛なモンスターに挑戦!

モンハンのベースはしっかりと受け継がれていますが、紹介映像を見る限りでは私の知る頃のモンハンと比べるとビジュアルが格段に綺麗になっています

モンハンって世界観がすっごく良いので、それが高グラフィックで再現されるとなるとテンション上がりますよね。
モンスターの質感がかなりリアルで迫力があり、キャラクターの動きの躍動感もスカッとするほど気持ちいい。
ハードをPS4にしたのは正解です!

武器は14種類から選択!気になる武器は?

私がWiiやvitaでプレイした頃とほぼ同じラインアップでホッとしました。

初耳なのは操虫棍(そうちゅうこん)。
MH4で新しく追加された武器のようで、棍ではありますが両端に刃がついています。
さらに虫まで操る機能付き。
虫が採ってきたエキスで自身をパワーアップできるとか…なかなかトリッキーそうな武器ですね。

あとチャージアックスというのも初めてかも。
スラッシュアックスは前からあったと思うのですが、アックス系が2種類になっているのですね。
こちらも操虫棍と同じく途中追加みたい。
剣モードと斧モードを備えるのはスラッシュアックスと共通ですが、チャージアックスの方は剣が片手で俊敏なタイプに。
戦い方の幅が広がりそうな武器です。

その他は大剣、片手剣、双剣、太刀、ハンマー、狩猟笛、ランス、ガンランス、スラッシュアックス、弓、ライトボウガン、ヘヴィボウガンという親しんだ武器がズラリ。
大剣とかヘヴィボウガンとかよく使ってました。
今回はどれから始めようかワクワク。

オンライン化による魅力は?マルチプレイの条件もチェック

モンハンのオンライン版といえば「モンスターハンターフロンティア(MHF)」ですよね。
MHWにもオンライン要素が組み込まれており、ネットを通じてマルチプレイが楽しめます。
従来通り4人まで参加可能で、友達と一緒に狩りへ挑むことが可能。

また、新しい要素として「救難信号」システムが追加されます。
マルチプレイへの途中参加を行う機能で、救難信号を送ることでほかのプレイヤーが途中から参戦できるシステムです。
思わぬ難関に遭遇した時も、助っ人呼び出しで乗り切りたいですね。

マルチプレイをするにはプレイステーションプラスへの加入が必要ですが、月額にして500円程度なので敷居はかなり低い方でしょう。

PSプラスへの加入は他のゲームのオンラインプレイも遊べたり、加入者ならではのお得な楽しみがあるので試しに入ってみるのもおすすめですよ。

スポンサードリンク

これまでとの主な変更点は?

ストーリーやグラフィック以外に従来のモンハンとの違いはあるのでしょうか。
気になるシステム面をチェックしましょう。

《回復機能がより使いやすくなる!》

これまでの回復といえば、薬をごっくん、こんがり焼けた肉をむしゃむしゃ。
リアルなモーションではありますが、ボス戦ではハラハラしたり、最中に突っ込んでこられて意味ない!てな場面も^^;

MHWからは回復モーションで止まる仕様がなくなり、キャンセル機能も追加されます。

さらに薬や肉ですが、狩り前にしっかり持参する、あるいは作る手間が必要でしたね。
今回はその辺に生えている植物などを採取して、そのまま食べて回復!という荒技も可能に。
回復の幅とサバイバルっぽさがアップしています。

《シームレスマップで移動ストレスフリー》

狩場のマップですが、いくつかのエリアで構成されることが通常でした。
エリア間を移動するたびに画面切り替わり(ロード)となっていたこれまでですが、MHWではエリア間もひとつながりのシームレスマップを採用

エリア間移動の無駄な時間が削減され、マップ全体をよりリアルに走り回れるようになります。
ボスを追いかけ回す時とか、エリアの移動はなかなか手間でしたもんね。
これでより狩りに集中できそうです!

《導虫やスリンガーなどの新要素も》

モンスターの痕跡を収集すると、「導虫(シルベムシ)」がそのモンスターの居場所へ誘導してくれます。
ぶつけることで相手の位置を把握できていたペイントボールと似た扱いなので、ボールは廃止に。

投げて使っていたアイテムは「スリンガー」からすぐに使用可能。
アイテム選択の手間なく、素早いアプローチができるようになっています。

そのほかにもクエスト中の装備変更、プレイヤーによるベースキャンプの新設置が可能など、充実の冒険ができるよう進化しているようです。

発売予定日は2018年1月26日(金)!乗り遅れるな!

待望の新作となる「モンスターハンターワールド」。
最近の寒さも吹き飛ばしてくれる、今期一のホット作になることを期待したいですね。
最初はリハビリが必要そうな筆者ですが^^;
乗り遅れないように当日はMHWへ集合しましょう!

スポンサードリンク

記載されている製品名・システム名などの著作権は全てCAPCOMに帰属します。

Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。