【夫婦でFF14】2話:夫、初めてのIDではっちゃけるの巻

こんにちは!rihiraです。いよいよ非ゲーマーの夫がダンジョンコンテンツまで到達しました。初のIDの出来栄えやいかに!?

熱しやすく冷めやすい我が夫。
これまで続いたオンラインゲームといえば、某サバゲーくらいです。
そんな夫がFF14でついにサスタシャまでたどり着きました。
果たしてDPSとしての役目をしっかり果たすことができるのでしょうか。

スポンサードリンク

まずは初心者の館にGO!

ここ(初心者の館)、ダンジョン入るまでに寄っておきなー

ふむ

何回か練習クエストがあるから、全部クリアしたらOK。ダンジョンでの基本的な動きになるからね

よっしゃ

意気揚々と館に乗り込む夫。
一応ちゃんと指示通りに動いているようです。
お、次はギミックの練習だ。
当たり前だけどヒーラー(私)とは全然違うね!

ゲート開いて敵が入ってくるから、レバー動かして閉めて

よしっ!…どこどこ?

ツツー…格闘士ララがレバーの前を素通りしとる。

いや、目の前にあるから…通り過ぎたって

ふぁっ!?

なんとか無事ガッチャン。
これはIDでギミック担当させるの無理かな…。

スポンサードリンク

サスタシャへの準備!ノンキーボードの夫へ徹底させることとは?

この「お辞儀」のエモートをホットバーに登録します。これをダンジョンに入ったらまずやること

ふふーん。なんで?

キーボードないから挨拶するの大変でしょ(あっても遅いけど)。だからお辞儀が挨拶代わりね

なるほど

これでノンキーボードでもある程度コミュニケーションが可能になるんですね。
エモートって便利!
指示通り入ってすぐお辞儀もでき、いよいよサスタシャ攻略スタートです。

あれほど前に出すぎるなと言うたのに…

盾さんが先に行って敵を引き付けるから、前に出ちゃダメだよ

OK!

格闘士ララがたったかたったか…ヘイトビューン!!

!!前に出るなっつの!

おほーw

おほーじゃないわ!
この時全員が若葉マークだったので、まだ不慣れ者同士という感覚があり助かりましたが…。
念のため見張りに一緒についてきて正解でした^^;

調子に乗り始める夫

オレ間違ってない!?間違ってない!?

だ、大丈夫だから…(引き気味)

冒頭はこんな感じが続き、手探りながらもなんとかダンジョンを進めていきました。
進んでいくにつれ、行けると感じたのでしょうか。
なにやらぴょんぴょん飛び跳ね出す夫。
どうも調子に乗り始めたようです。

ひゅ〜♪♪

UZEEEEE

また、薄々気づいてはいたのですが、ゲーム初心者ほどララフェルを選んだ方が良いのかもしれません。

なぜなら…

多少下手でも可愛さでカバーされて許せるから\(^o^)/

ララを選ばせたのがここで生きてくるとは思いもしませんでした。
ちょっとばかし挙動不審な格闘士でしたが、無事に夫初のコンテンツをコンプリートです!

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。