【FF14】パッチ4.5「英雄への鎮魂歌」メインクエストプレイレビュー|ネタバレ

こんにちは!rihiraです。パッチ4.5「英雄への鎮魂歌」が実装されました。新たなジョブ『青魔導士』、目玉コンテンツ『ドマ式麻雀』など気になる要素が目白押しです。今回はメインクエストのストーリーを追っていきます。

漆黒のヴィランズへの期待高まる中、2019年最新パッチが解禁です。
この記事ではメインクエストのストーリーを追っています。
完全にネタバレなので、閲覧は自己責任でお願いします!

スポンサードリンク

新パッチのメインクエストはここから受注

モードゥナ:レヴナンツトールの石の家に入り、アリゼーから「魂の行方」を受注しましょう。
毎回だけどストーリー色々忘れちゃっているから、おさらいしながらじっくり堪能していきます。

倒れた仲間の真相を探って

そういえばヤシュトラさんたちぶっ倒れたんだった。
その原因を探るべく、クルルたちと共にマトーヤの洞窟に。
魂が消えてる?ナンテコッタイな状態らしいです。

そんな時にリセからも緊急連絡!
マキシマさんたちは亡命してきた…マキシマ…マキシマ……誰だっけ!!
己の物忘れぶりに閉口しつつ、メインクエスト「亡命者からの凶報」より、アルフィノの行方、帝国軍の動きなど有力な情報をGETしました。
影の狩人さん、そうそう重要人物の匂いがすごかった例の方達ですね。
確かにアルフィノはあいつらと行動してたなぁ。

帝国軍の進軍も迫っているとのことで、対抗すべく飛燕に協力要請へ!
ドマの守りの要となる“青龍壁”がうまく起動したらOKだよ!ということらしく、そのチェックに向かいます。
すんごいスムーズにあっさり障壁起動しましたね。
しかも都合よく帝国軍の飛空艇が障壁に突っ込んできた…。

いきなり影の狩人と遭遇ー!
なんか展開雑じゃない…?汗
アルフィノ意識ないし…どうやらウリエンジェたちと同じ状態らしく。
なんで主人公やアリゼー、クルルは無事なんだろうか。
これからその違いも明らかになるのでしょうかね。

それより影の狩人の正体にびっくり。
ていうかすみません、すっかりさっぱりあなたのこと忘れていました。
一切顔を明かさなかったのは、ここへの布石だったのか。
アシエンへの復讐のためにアシエン狩り活動中とのことで。
うーむ、帝国の主だった頃とは想像もつかないフリーランス業ですね。

アシエン、そういや赤仮面と黒仮面なんかいましたね。
赤仮面の中でもオリジナルの三体がリーダーらしく、次の相手は白装束のエリディブスっぽいです。

それよりも毒ガス兵器…黒薔薇っていうネーミングなんとかなりませんか…!?

ヴァリスさん黒薔薇栽培中

せっかくガイウスが黒薔薇破棄したのに、すぐ作ってて涙。
なんか死人がペラペラ喋る喋る。
ソルお父さん、これはアシエンの影響でおしゃべりになったの?それとも素の性格なの?とっても気になります。
ジーっと聞いているだけのヴァリスさんが大人に感じました。

スポンサードリンク

錚々たる面子のお茶会開催

エオルゼア連合の総意をヴァリスに通告。
もう戦争はやめまへんか…とナナモ様のお言葉です。
当然ながらそんな意見は一蹴!
なんかヴァリスの勢いに押され気味に見えちゃいますね。
鎧カチャカチャ。

一服してからヴァリスへの質問攻め作戦へ移行。
簡単に口を割っちゃいました…やっぱり雑なのでは。
真の人になることを求めて世界を統合するとかザックリすぎですよ。

そしてそして、途中からなんとなく気づいていましたが、ガレマール帝国はアシエンブランドの国でした。
結局最終的には人としてアシエンから自由を奪還したいみたいだけど、そのために不完全な種族が協力することより真の人を求める意味がわかりません!
と、rihiraが叫びそうになったその時。
ナナモ様が全く同じことを代弁してくださいました。
まぁわかってはいましたが、交渉は決裂。
戦に向けて動き出します。

ここで新コンテンツ『境界戦線ギムリトダーク』が解放です。

【FF14】境界線戦ギムリトダーク|道中や各ボス攻略ポイント

残された光の戦士は・・・

ギムリトダーククリア後、ついにアリゼーまで倒れてしまい光の戦士だけが取り残されちゃいました。
アシエンの侵食?それともハイデリンとかそっちの方?でも謎の声は男性でしたもんね・・・。
というか今回ストーリーに愚痴が多いrihira。
大丈夫かなぁ漆黒のヴィランズ・・・新しいパッケージに向けての大事な布石ではないのか。
英雄の鎮魂歌はPart1と2に分けて公開されるということで、2の方に期待を寄せておきましょう!

漆黒のヴィランズを予約

PC版(Windows)

PS4版

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。