【あつ森】「あつまれ 動物の森」時間操作なしでまったりプレイpart1

絶賛爆売れ中の「あつまれ 動物の森」プレイスタートしました!時間・日付の操作はせずに、まったりマイペースに四季の移り変わりを楽しんでいきたいと思います。ひとまず序盤からのプレイ日記記事です。

気の向くままに無人島(と呼べるか謎だけど)生活を満喫できる「あつまれ 動物の森」。
物森シリーズ初めての筆者ですが、あまりの人気に気になって気になってついにプレイスタートしました。
リアルタイムとリンクしているシステムを活かして、実際の季節と一緒に移り変わるゲーム世界を堪能したいと思います!

スポンサードリンク

あつまれ 動物の森はリアルタイムとリンクしている

プレイ開始時にリアルタイムの日時とゲーム内日時がリンクし、実際の時の流れと一緒にゲームの時間も進んでいきます。
この時間は操作して進めることが可能なのですが、筆者はそれをせずにまったりと記事を更新していく予定です。

時間帯や季節によって収穫できるもの、捕れる生き物が違うので、どうしても都合の合わない人は時間操作によるメリットが大きいのです。
それはそれで面白いと思うのですが、今回はリアルとゲームが完全にシンクロした状態で楽しんでいきます!

季節は初夏。木の葉を撫でていく風が心地良い〜

5月スタートのrihiraの島は初夏の季節のようです。
晴れた日は澄み切った青空が美しく、吹き抜ける風に心が洗われます。
こんな島で生活できたらなぁ…と妄想してみるものの、ネット環境がないとオタクは死ぬということを思い出し、ゲームの世界だけで我慢する決意をしたのでした。

ん?よくよく考えたらスマホでアプリとか使ってるやんね。
マイルのデータ更新されてるから、島にはちゃんとしたネット環境あるのかも。
たぬきちがそこら辺うまいこと設備投資してる説。

アクティビティーに最適な初夏!
今の時期によく捕れるのは、昼間はたくさんの蝶々やギンヤンマ、バッタ、てんとう虫などなど。
川にはフナやどじょう、ブラックバス。海にはイカやタイ、ヒラメなどが釣れます。

お水をあげたチューリップ。これも季節に合わせて咲くのかな?
雫が光っているのがみずみずしくてたまらんですね。
全部光らせるまできっちり水やりしないと気がすみません。

スポンサードリンク

インテリアセンスは相変わらずないけれど…

お部屋が少しだけ大きくなりました。
家を建てた時の費用より、増改築にかかった費用が倍もした!
という細かい部分へのツッコミはよしとして、順調に無人島ライフを満喫している私です。

お気に入りキャラクターはフータ!

昼間寝ているところを起こすと、ガーン!という表情をするフータが可愛くて可愛くて仕方ありません。
ついわざと起こしにいきたくなります。
虫が苦手なところにも親近感を覚えました(フクロウって虫食べるんじゃないんかいな?)。

島民と仲良くなるといろいろ貰えるよ

新しいレシピやアクション機能なども、島民から教えてもらうことができます。
おしゃべりしたり、プレゼントをあげたりして仲良くなっていきましょう。
親交が深まったからなのか、あっちから駆け寄ってくれることもありましたよ。

思わずポエムタイム始まっちゃうくらい楽しいよあつ森

かわいい島民に頼まれると、なんだか嫌とは断りきれない。
そのおかげでやることが増えて忙しかったりもするけれど、終わってみたら楽しい思い出になったりで。
きっとどこかにある故郷に思いを馳せながら、この島で生きていこうとじんわり思ったある日のことでした。つづく。(多分)

スポンサードリンク

© Nintendo

Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。