【FF14】極ツクヨミ討滅戦|各技の概要とタイムライン解説

ツクヨミの上位版となる極ツクヨミ討滅戦を攻略してまいりました。ギミックに慣れさえすれば極戦の中でも割と早く撃破できるボスかと思うので、内容をしっかり把握しておきましょう。

極ツクヨミ戦ではノーマルで使った技の進化版が多数登場します。
特に隕石でつまずく場面が多いと思うので、回数をこなして慣れていきましょう。

スポンサードリンク

極ツクヨミ討滅戦|主な技の概要

特筆すべき技を一覧しますので、チェック用にどうぞ!

なぶり殺し…MTへ大ダメージ。詠唱中にスイッチし、以降は次のなぶり殺しまでMTチェンジ?

折檻…全体大ダメージ

宵の早替え…槍か銃に持ち変える(これだけでは攻撃ナシ)

・黄泉の銃弾…銃を持っているときに発動する頭割攻撃。MT以外がボス背面に集合して受ける。弾込め音や「泣いておくれよ」が合図。

・黄泉の穂先…槍を持っているときに発動するボスからの扇型範囲攻撃。各ロールにランダムでくるので、各ロールが指定位置へ散開して受ける。時間差攻撃なので、ヒーラーに着弾するまで動かない。ジャキーン音や「いつまでもつかねぇ」が合図。(散開は下図参照)
T
H ボス H
D
※隕石前の槍の場合は、ヒーラーは広い方のフィールドで受ける

月下彼岸花…全体大ダメージ&ノックダウン

極の月読…フィールドが半分白、半分黒に変化し、白を踏むと満月下、黒を踏むと新月下のデバフがつく。
デバフが踏んでいるほどスタックされ、5になると即死。

5になるまでにフィールドを移動してデバフの付け替えを行おう。
満月なら黒い床を踏んでリセット、新月は白い床を踏んでリセットできる。

最初にデバフが付与された時にスタックが4なので、すぐに付与されたデバフと反対になるフィールドを踏みリセットする必要がある。

頭上に出ている月のアイコンでも確認が可能。
黄×白が満月、青×赤が新月で、スタックが進むほど黄→白、青→赤へと変化する。

この時光の玉を中心にドーナツ範囲も出現するが、中心の安地を意識するよりもデバフの解除を優先しよう。

玉月光…玉が出現し、ドーナツ型範囲攻撃

隕石…対象者に赤い槍のようなマーカーがつき、一定時間後円型大範囲攻撃(月時雨)。対象者は指定位置に捨てる。範囲が出たらダッシュで安地に駆け込もう。
この時フィールドの広い方の色に捨てるロールはスプリントで早めに移動しなければ間に合わないので要注意。

月時雨…隕石爆発

月刀右近…ボスを中心に右側約190度の扇型範囲
月刀左近…ボスを中心に左側約190度の扇型範囲
※服の色に注意…ボスの服が白か黒かで、月刀の次に来る範囲攻撃を判断する。白ならボス中心の円範囲なので外周で回避、黒なら反対にドーナツ範囲なので内周で回避
(画像はボスの向きが北である場合)

月天心…全体大ダメージ

座敷遊び…外周に舞扇が8つポップ。扇とボスを中心とした円範囲攻撃で、先に落ちてきた扇から攻撃が発動する。
最後に出現した扇の位置で待機し、ボスの範囲が発動して安地ができたところに駆け込む。
1つずつ順に落ちて順に発動するパターンと、グループで落ちて発動するパターンがある。
前者なら最後に落ちた場所、後者なら後で落ちた側の中心が待機場所なので考え方は同じ。
(下図の緑の数字は落ちた順番)

月下繚乱…頭割攻撃

破月…ランダムに赤マーカー付与後範囲攻撃(ロール1人ずつ)。グループ分けの座敷遊び中にくるので、指定位置へ散開して捨ててから中央へ移動

《フィールド三日月について》

フィールドが半分白黒になってからしばらくすると、どちらかの色が広く片方が狭くなった三日月状のフィールドになる(どちらになるかはランダム)。
このままデバフに注意しつつ戦うが、そのうち全てが広かった方の色になる。
ギリギリまで狭い色のフィールドで待機しておけば、一色になってもデバフのスタックが5になるまでには隕石の跡地で解除できる。
隕石は落ちたエリアと反対の色のエリアを形成する(隕石の色でも判断可能)。
画像は白が広い、黒が狭いパターン。
色と東西が逆パターンもあるのでそれぞれ判断しよう。

《隕石の処理方法について》

隕石前に銃か槍が発動する。
銃なら頭割りを処理してからスプリントで位置へ。
槍の場合はヒーラーへの着弾が遅いので、ヒーラーは隕石がマーカーつく前に広い方の中央あたりまで移動しておき、マーカーが付いた方はそのまま散開位置へ。つかない方は槍の着弾まで待機し、着弾を確認したら安地へ。
ここで隕石マーカーがついていない方が焦ってすぐに安地へ駆け込むと、槍の対象になっている場合他メンバーを巻き込む恐れがあるので気をつけること。

スポンサードリンク

極ツクヨミ討滅戦タイムライン

筆者が挑んだときに把握できたタイムラインです。

折檻
宵の早替え
黄泉の銃弾&黄泉の穂先(順番はランダム、両方くる)
折檻
月下彼岸花

〜雑魚フェーズ〜

2回に分けて雑魚が出現する。
1回目は西に遠隔雑魚が出現するので、MTは東の雑魚とまとめる。
2回目は南に遠隔雑魚が出現するので、MTは西の雑魚とまとめる。
ヨツユと線で繋がれた雑魚はタゲ固定なので適当に倒す

ゼノス戦のみ一旦ノックダウン。
ゼノスを倒すまでは剣気波動(全体大ダメージ)が連続してくるので、ヒーラーは要注意。
怨念ゲージが100になるまでにゼノスを撃破すること。

月下彼岸花(雑魚処理後の全体大ダメージ)

〜雑魚フェーズ終了〜

極の月読
玉月光
宵の早替え(この辺りでフィールドの白黒が三日月状に変化)
黄泉の銃弾or穂先(どちらかのみ)
隕石
月時雨(狭い色のフィールドで待機)
玉月光(2つ→1つの順でくるのでいずれも玉のそばで回避)
月天心(隕石があった場所に反対色のエリアができているのでそこへ集合、着弾後MTはボスを中央に戻し北向きに)
折檻
座敷遊び
宵の早替え
黄泉の銃弾or黄泉の穂先(扇を回避してすぐなので、どちらかよく見ておくこと)
なぶり殺し
極の月読
玉月光
宵の早替え
黄泉の銃弾or黄泉の穂先
隕石
月時雨(狭い色のフィールドで待機)
玉月光(2つ→1つの順でくるのでいずれも玉のそばで回避)
月天心(隕石があった場所に反対色のエリアができているのでそこへ集合、着弾後ボスが自動的に中央に)

黄泉の舞(詠唱なし、赤い月が出て全体ダメージ)

月刀右近or左近(同時に内周or外周攻撃、服の色で安地を判断)
月刀右近or左近(同時に内周or外周攻撃、服の色で安地を判断)
折檻

座敷遊び ※
月下繚乱(全員で移動しつつ頭割り)
月刀右近or左近(同時に内周or外周攻撃、服の色で安地を判断)
折檻
座敷遊び
月下繚乱(全員で安地にて受ける)
月刀右近or左近(同時に内周or外周攻撃、服の色で安地を判断)
折檻
座敷遊び
月下繚乱(全員で安地にて受ける)
月刀右近or左近(同時に内周or外周攻撃、服の色で安地を判断)
なぶり殺し
座敷遊び
破月(対象者は散開位置で処理してから中央へ)
月刀右近or左近(同時に内周or外周攻撃、服の色で安地を判断)
折檻×2

以下※に戻る??時間切れ見てません。。。

極ツクヨミ戦のポイント|ヒーラー視点

隕石の散開位置ですが、野良だとヒーラーがもっとも遠い位置へ捨てに行くことが多いようです。
相方の負担を抑えるため、範囲が確定したタイミングで救出を使えるとベスト。
扇の回避時に大きなダメージをくらう場面があると思うので、バリアヒーラーは事前に全体軽減をかけておくと良いでしょう。

ノーマルツクヨミ攻略はこちら↓↓↓

【FF14】パッチ4.3|ツクヨミ討滅戦の攻略・TLまとめ

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。