ゲームレビュー

【レビュー】『DELTARUNE(デルタルーン)』の感想|アンテ含めての考察

2021年1月24日

アンダーテールの続編か?とも言われている「DELTARUNE(デルタルーン)」、現在チャプター1まで公開されています。システム面やアンテと比較しての感想、物語の考察なども少しだけ綴ってみました。

TobyFox氏の新作として期待されている「DELTARUNE(デルタルーン)」。
前半はストーリーのネタバレなしで、システムやアンダーテールとの違いなどを紹介しています。
後半は、チャプター1のストーリーのネタバレを含む内容です。
ネタバレ部分は見出しにて明記しているので、読む範囲の参考にしてください。

スポンサードリンク

キャラクターメイキングからスタート


」となるキャラクターの作成画面から始まります。

アンテをやっている人なら、見覚えのあるデザインが。
右に進むともっと種類があり、複数パターンから選択可能です。

頭、胴体、脚部のほか、主人公をイメージする言葉をいくつか選んで、最後に器の名前と、自分の名前を設定しましょう。
キャラクターが完成すれば、晴れて(?)ゲームスタートです。

キャラメイクのアドバイスをのべるとすれば「深く考え過ぎなくて大丈夫」ですかね。

前作のキャラクターたちが続々登場!


アンテに登場した、主要キャラクターやモンスターたち。
のっけから彼ら・彼女らに会うことができます。
懐かしさを感じるホーム、あ〜本当はずっとここにいてグダグダしていたい……。

もちろん新しいキャラクターもお目見えしますよ。
舞台となる世界観は、相変わらず「モンスターたちが住む国」で、人間は今の所主人公だけのようです。

キャラのノリや看板の文章から、特有のユーモアを変わらずに感じることができます。

パズル要素は健在。程よい難易度がgood


道中にあるパズルを解くと、道がひらける。
シンプルながらもダンジョンを探検している感が味わえる、あの要素は健在です。
難易度は引き続き難しすぎず、ストーリーメインに進められるほどよいバランスとなっています。

パズル以外のフィールドアクションに注目


アンダインの槍よけでチラッとあった、フィールドでのアクションシーン。
今回は、それをパワーアップさせた要素がフィールド上に追加されています。

Xを押しながら移動することで、“ダッシュ”できるようになったのもポイント。
パズル攻略やフィールドアクションにおいても、ダッシュが重要になることがありますよ。

バトル画面は横からの視点に刷新!


バトルはランダムエンカウントではなく、シンボルエンカウント(敵と接触したらバトル)に変化しています。

視点は自軍を左、敵を右にした横からの構図にガラリ。
フィールドからナチュラルな戦闘画面への切り替わりに、思わず「カッコイー!」と声が出てしまいました。
当然ながらBGMも最&高です。

溢れ出る王道のRPGエッセンス


問題児であるスージィと、奇妙な世界にやってきたクリス。
さらに途中で出会うラルセイも一緒に、PTを組んで行動することになります。

なんという王道のRPG感!
並んでついてくるところは、ドラクエ方式ですね。

メニュー画面から「のうりょく」が見られるようになっており、そこには「アビリティ」の枠も。
アビリティは、装備品に付与されている性能がキャラクターにももたらされるようです。

ホワイトリボンを装備したら、アビリティの枠に「↗︎かわいさ」が!
ビジュアルを変化させると、敵にも何かしら影響を与えるのでしょうか。

“パーティ戦”がキーポイント


弾幕回避や「こうどう」によるモンスターの変化など、基本的にはアンテを踏襲したバトルシステムです。
一方で、仲間が加入したことによる新要素も見られます。

それが「ぼうぎょ」や「まほう」コマンド。
ぼうぎょを行うと、守りを固めるのと同時に“TP”がたまります。
TPを消費することで、スリープなどの「まほう」が使用できるのです。

ケンカっ早いスージィの攻撃で敵を倒さないようにするには、やっぱり「こうどう」が重要に。
敵に“けいこく”しておくことで、スージィの攻撃を避けてくれるようになります。

仲間の特徴も考慮しながらの戦いが必要となり、より戦略性が高まりました。
前作よりも“パーティ戦”を意識するのがポイントとなりそうです。

敵の名前が黄色くなる=逃がせる合図なのは、アンテと同じ。
ただ、Toby氏によると、どんな進め方でもEDは1種類のみのようです(チャプター1だけのことを指すのか、全体のことを指すのかは不明)。

正統派からのどんでん返しに大大大期待

ストーリーは、伝説の勇者3名が世界を救うという言い伝えにのっとって進んでいきます。
主人公、スージィ、ラルセイが、その3名になる模様。

伝説の勇者が世界を救うだと…ますます真っ当な古き良きRPGじゃないか。
どうしちゃったんだToby Foxさん!

いやもちろん、ここからのメタい展開にワクワクドキドキしている変態ユーザーがここにいるわけですが。
チャプター1のEDまで行ったら、やっぱりそういう変化を期待せずにはいられません。

スポンサードリンク

ネタバレ注意!プレイ後感想とアンテ含めた考察

ここからは、チャプター1やアンダーテールの物語のネタバレを含む内容です。
まだチャプター1しか登場していないので、全てを考察するには無理がありますが。
判明している要素を元に、少しだけ物語やアンダーテールとの関係を考えてみました。
アンテ&デルタのネタバレOKな方は、そのまま下へスクロールを!

 

 

 

 

デルタルーンとアンダーテールは平行世界の物語?

『DELTARUNE』が『UNDERTALE』のアナグラムになっていることは、ファンの間では有名でしょう。
名前からも察せられるように、2つのゲームの世界には何かしら繋がりがあるようです。

製作者のToby Fox氏は、アンテの世界とデルタの世界は別と発言しています。
が、つながりや関係がないとは言っていない。

事実、それは登場人物や関係性などからも見てとれます。
アンダーテールをプレイしたユーザー向けの作品という発言もあるので、何かしらのつながりはありそう。

物語の伏線的には、アンテの平行世界にあるのがデルタ、あるいはアンテを元にした世界がデルタ、またはその逆という感じでしょうか。

世界の成り立ちとなる昔話が酷似

むかしむかし…で始まる、アンテのOP。
そこでは、“人間”と“モンスター”の2種族が暮らしていた世界で、互いに戦争が起き、人間が勝利したことが語られます。
結果、モンスターは地下に閉じ込められ、さらに長い年月が過ぎたところから、ゲームがスタートするのです。

そして、デルタの世界には “ダークナー”と“ライトナー”が存在します。
ダークナーたちは、ライトナーのことを「創造神」として慕っていましたが、あるとき裏切りにあい、暗い世界に閉じ込められたのだとか。

アンテとデルタの伝説、とっても似ていますよね。

違うのは、デルタの昔話では、3人の勇者である「人間」「モンスター」「闇の国の王子」があらわれ世界を救い、“天使の楽園”を破壊する、という部分。

チャプター1では、クリス、スージィ、ラルセイ(とランサー)が力を合わせ、ダークナーの王様(ランサーのパパ)を倒し、クリスとスージィは元の世界へ戻っていきます。
世界を救ったのがチャプター1の部分かと言われれば、ちょっと微妙な気もしますが。

アンテのifの世界がデルタだとして、3人の勇者部分が付け加えられた(歴史が書き換えられた)可能性。
または、世界を救うのを嫌がるものがいたため、逆にアンテの世界を作り勇者部分を削除した可能性もあるかも。

アズリエル=ラルセイなのか?


アズリエルとは、アンテのPルートにおけるラスボスであり、EDで和解できるキャラクターです。
デルタのチャプター1ラストで、ラルセイがフードをとった姿が、アズリエルを思わせるビジュアルとなっています(メガネをかけたトリエル、もしくはヒゲのないアズゴアとも言えますが)。

アズリエルは、アズゴアとトリエルの子供です。
で、アンテの世界でのアズゴアは、モンスターがいる地下世界の王様、トリエルはその妻なので女王様。
つまり、アズリエルは王子と呼ばれる立場にあります。

そして、デルタの世界に出てくるラルセイは、闇の国の王子

さらに、英語表記の「Asriel(アズリエル)」、入れ替えると「Ralsei(ラルセイ)」、これもアナグラムになってます。

…うーん、逆に「ほらみてみて!ラルセイはアズリエルだよー!!」って証拠がありすぎるので、裏をかいてきそうな気もしますねぇ。

デルタの現実世界?におけるアズリエルは、まだ名前だけの登場ではあるものの、クリスの「おにいちゃん」として存命中。
“次の休みに帰ってくる”設定ですが、チャプター2以降の登場はあるのでしょうか。

ラルセイは、2人が名乗っていないのに最初から「クリス、スージィ」と名前を呼びました。
2人の存在を知っていないと説明がつかないので、最初から全て把握していたっぽいですね。

クリス=器は意思をもっている?


最初のキャラクターメイキングのとき、器に対し何を感じたか聞かれますよね。
ここで「(器には聞こえません)」と、わざわざ()で表記されます。

器になんらかの意識があると思わせる発言です。

そしてデルタのチャプター1ラストでは、クリスがハートをえぐり出し、カゴに閉じ込める。
ハートのないクリスの目は狂気が宿ったように光り、手にはナイフが。

これまでは、プレイヤーの意思=ハートが込められていたから、器の狂気は表に出ることはなく、クリスを操作できた。

どこかで器がプレイヤーの意思に気づいて(最初から気づいていたのかも?)、その支配から逃れるために、ハート=プレイヤーの意思をえぐり出した。

最初から気づいていたとしたら、今までに何度か同じ状況があった可能性もあります。
カゴを乗せている車にぶつかった形跡があるのは、これまでカゴに入れられたハートが、脱出を試みたからではないでしょうか(カゴに入った状態のハートは、動かせる)。

何度もこういうことがあったとしたら…セーブ&ロードを繰り返し、ゲームをやり直した形跡?
その度に、器はプレイヤー=ハートをカゴに閉じ込めていた?

また、スージィやキングが言っていた、「黙っている者を見るとイラつく」という発言。
クリスが最後に器としての自分を否定し、ハートをえぐり出す伏線に思えます。

アズリエルとクリスの部屋のギャップも気になるところ。
アズリエル側はトロフィーがいくつもあり、なんとなく優秀な子という印象。
クリスの方はとても殺風景で飾り物がなく、カゴのそばにシミがあるなど、ちょっと不気味な雰囲気です。

クリス側には趣味系のアイテムもなし。
アズリエルのベッドの下にはゲーム機があり、片方のコントローラーは「ひせいきひん」。

なんとなく、クリスには「自分がない」ことを表現しているような部屋になっているのが、意味深です。

ガスターはゲームの様子を見ている?

アンダーテールにて、隠しの隠し要素として存在しているW.D.Gaster
物語上では、コアを作り出した科学者ですが、実験中にその実験物?の中に落下し、死亡したとされています。

ただし存在そのものが消えた訳ではないようで、アンテではFun値が特定の値になった時に、様々な形で登場します。

アンテやデルタで名前を「GASTER」(ガスター)にしようとすると、OPに戻される仕様。
彼の意思が働いていると思わせる演出です。

アンダーテール内でも、未だ謎に包まれた部分が多いキャラクターですが、デルタの世界に無関係でないことは確かでしょう。

チャプター2を気長に待ちましょう!

公式サイトにて、デルタの進捗状況が随時確認可能です。
チャプター3以降の進捗に関して、ストーリーとゲーム全体の進行(第1稿)が100%になっているので、製作者の中で物語はコレ、というものはすでに確定しているのでしょう(ただし数字はあまり当てにしないで、とも書いてありますw)。

PC版のDLも公式サイトからできるので、興味のある方は覗いてみてください↓↓↓
DELTARUNE

Toby氏の体調のこともあるので、気長に待っていたいところですね。
こんなに考察しがいのある作品を世に出してくれたことに、いちゲーマーとしては感謝しかありません。

©TOBY FOX

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

  • この記事を書いた人
アバター

rihira

このブログはライターのrihiraが運営しています。 FF14を中心に、ゲーム攻略、レビュー記事などをお届け。 詳しいプロフィールは下記を参照ください。 詳しいプロフィールを見る

おすすめ記事

1

バイオハザードの最新作「ヴィレッジ(8)」、攻略記事その8をお届けします。今回はハイゼンベルクを倒した後から、ラスボス攻略までを解説します。 下記記事の続きとなる、バイオハザード ヴィレッジ(8)の攻 ...

2

バイオハザードの最新作「ヴィレッジ(8)」、攻略記事その7をお届けします。今回はハイゼンベルクの工場攻略の前半(B3に行けるようになった所)から、変異したハイゼンベルク戦までを解説します。 下記記事の ...

3

バイオハザードの最新作「ヴィレッジ(8)」、攻略記事その6をお届けします。今回はモローを倒した後から、ハイゼンベルクの工場攻略の前半まで(B3に行けるようになるまで)を解説します。 下記記事の続きとな ...

4

バイオハザードの最新作「ヴィレッジ(8)」、攻略記事その5をお届けします。今回はベネヴィエント邸の攻略後から、変異したモローを撃破するところまでを解説します。   下記記事の続きとなる、バイオハザード ...

5

バイオハザードの最新作「ヴィレッジ(8)」、攻略記事その4をお届けします。今回は変異したドミトレスク夫人を倒した後から、ベネヴィエント邸内部の攻略(人形使いのドナ撃破)までを解説します。 下記記事の続 ...

-ゲームレビュー

Copyright © GAMEONLIFE , All Rights Reserved.