【FF14】メインクエスト日記19:カストルム・セントリからの救出〜究極幻想アルテマウェポン(ED)

こんにちは!rihiraです。この日記が終わる日が来ようとは、早いものです。最後の最後に思いがけない展開もあり、山あり谷ありの新生編でした!

ついにカストルム・セントリへの突入準備が整いました!
暁の血盟メンバー奪還に向けて、いよいよ正面突破します。
果たして仲間は無事なのか!?
メインクエスト「カストルム・セントリからの救出」より頑張ります!

【FF14】メインクエスト日記18:モードゥナに集う猛者たち〜魔導兵器のみる夢

スポンサードリンク

帝国兵に変装していざ潜入!

頭と胴を帝国兵の装備に変えた状態で指定地点のシドと話します。
絶対に潜入中に服を着替えるなと注意されました。御意。
潜入後は習得した帝国式敬礼を駆使し、情報収集。
無事に物資保管塔の鍵をGETし、ビッグスに開けてもらいましょう。
塔に入るとバトル突入です。

《仲間の手枷を外そう》

中にはパパリモ、ウリエンジェ、タタルが捕まっており、3人が手枷をした状態でバトル開始となります。
戦いの最中にパパリモやウリエンジェの手枷を外せば参戦してくれますよ。
ちなみに手枷を外さなくても良し。
パパリモだけでもは外しておくと楽かもしれませんね。
また、魔法使いが邪魔なので先に倒すのがオススメです。
ウェッジがやられるとアウトなので気をつけましょう。

イダ&ヤシュトラが!ウェッジが!!怒涛の展開

外ではイダ&ヤシュトラコンビと帝国のリウィラが対敵。
が、すぐに撤退してしまいます。
冒険者サイドに戻り、ウェッジがタタルを守りたい一心で単身突撃!
どうなるのウェッジは!!?という心境の中、再び魔導兵器らとのバトルに突入します。

《魔導兵器は魔導フィールド発生器を先に倒さないとダメ》

敵の中には魔導兵器が複数いますが、こいつらにダメージを与えるには“魔導フィールド発生器”を先に壊す必要があります。
入り組んで目に付きにくい場所に設置されているので、グルグル回って探し破壊しましょう。
全部で3箇所あるので、やられないよう先に破壊しておくのが鍵です。

アシエンの正体と衝撃

敵に囲まれてピンチとなった冒険者たちのもとに、間一髪ヤシュトラとイダが助けに来てくれます!
おお!ウェッジも生きてたね!!
しかし崖に追い詰められてしまった冒険者一行。
なんだがサスペンスドラマさながらですが、そこにシドから通信が。

「5つ数えたらそこから飛び降りろ!」

なんだそのアクション映画展開はーとつっこむヒマなく、カウンドダウン後に一斉にフラーイ!!
無事シドが運転する飛空挺に飛び移った冒険者たちが目にしたのは…
仮面を取ったアシエンの素顔。

なんと正体はサンクレッドだった…。

1つになるエオルゼア

その頃グリダニア、ウルダハ、リムサ・ロミンサの首領たちが一同に会し、エオルゼアを取り戻すために結束を固めます。
また、どうやらサンクレッドは取り込まれているだけのようで、救うことはできる、とミンフィリア。
希望はある!
メインクエスト「エオルゼアの明日のために」にて、今度はエオルゼアとサンクレッドのために立ち上がる暁の血盟なのでした。

マーチ・オブ・アルコンズ始動

メインクエスト「十二賢者の行進」と題し、打倒帝国のための作戦が始まります。
冒険者は「冒険者選抜部隊」の隊長として活躍しますよ。
このメインクエストにて、討伐コンテンツ「リットアティン強襲戦」解放!
初めての8人PTとなります。

《初の8人PTはあっという間》

なんだが楽しむヒマもなく、7人のお仲間さんがズババーッと進撃してあっという間に終わってしまいました…。
初ということもあり、8人の多さに圧巻。
クリアできたので良しなのですが、なんだろう…早すぎて感慨とかがありませんでした(汗)。

スポンサードリンク

兵士を鼓舞するのも仕事です

メインクエスト「決戦の地へと続く道」からは、戦いを目前にした兵士たちを励ますために走ります。
食事を振舞ったり、喝を入れたり。
挙句にはラウバーンに「待ちかねたぞ!」と言われる始末。
なんだか納得がいかない冒険者ですが、いよいよ最終決戦へ向かいます。

カストルム・メリディアヌムで豪速クリア

先の討伐戦が早すぎてしまったので、初めてのPT募集をしてみました。
しかし、私の説明が足りなかったようで、フルスピードで進んで行く猛者たち。
うう…なんか違う。これじゃない。
結局早すぎて楽しむヒマがこれっぽっちもなく、あっけないクリアとなってしまいました。

最後に起きた悲劇

新生エオルゼアの最終メインクエストとなるのが「究極幻想アルテマウェポン」。
ID「最終決戦魔導城プラエトリウム」の攻略が終わると、晴れて2.0のエンディングムービー&クレジットが拝めます。

最終決戦…ということは、ここが本当の大詰めということ。
こここそ!こここそなんとか“楽しんだぞ!”と実感して挑みたいと思った私は、再びPT募集を活用。
初見のみ、ゆっくり、ムービー見ますというワードを盛り込んで募集をかけました。

しかし…蓋を開けてみれば、明らかに初見じゃない方も(メンターというベテランさんも)。
まぁ、それはしょうがない!せめて楽しめれば良い!と思い、そのままスタートしました。

だが…実際は初見じゃないと思われる方がフルスピード。
途中で「ゆっくりお願いします」と声をかけるも、スピードは落ちません。
それどころか、最後には悲劇が。
ラスボス直前のムービーで経験者が先にバトルを開始し、ムービーが終わるまでに撃破してしまったのです…。

ID途中からかなり萎えていた気持ちが、一気にバッサリでした。
なんだろうな…CFから入っていれば、仕方ないと思うのです。
それが嫌だから、わざわざPT募集でしっかり説明をつけて募集したんですけどね。

幸いなことに、ロドストの日記にて改めてコンテンツを楽しみたい旨を公開したところ、たくさんの温かい言葉をいただきました。
さらにプラエトリウムに誘っていただき、改めて本当のラスボスを堪能することも。
凹んでいた私ですが、素敵な出会いによって見事復活!!
やっぱこれだね! FF14!!

新生エオルゼア2.0を終えて

せっかくの初EDなのになんとも歯切れが悪くて申し訳ありません^^;
私がこの日記にこだわっていたのは、ある程度プレイしていることを証明するためでもありました。

やっぱり一通り遊んでいなければ、説得力のあることは言えませんからね。

2.0編が終わり一区切りついたので、ひとまず日記は終了となります。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!
今後も面白いコンテンツを作るために精進して参ります。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。