【FF14】PS4からPCへ!FF14をハード移行する方法や注意点まとめ

グラフィック性能などを理由に、FF14のプレイをPS4からPCへ移行する方もいるでしょう。今回は実際に移行した筆者が、具体的な移行方法、移行に関する注意点などを解説します。

ゲーミングPCの購入を機に、PS4からPCへプレイ移行したい。
そんなFF14ユーザーのあなたに、スムーズな移行手順を紹介します。
また、移行してから慌てないよう、注意点もチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

移行前の準備!PC版のFF14を購入しておこう

先にPC版のFF14を購入しておく必要があります。
DLかパッケージ版のいずれかで、自分のPCのosに対応する商品を選んでください。
新生編〜漆黒編まで全て遊べる商品で最もスタンダードなものが、“コンプリートパック”と名のついているものです。
購入時に入手できる「レジストレーションコード」が重要となります。
パッケージ版の場合はパッケージ内のマニュアルに、DLの場合は登録メールアドレスに送られてくるので、必ず確認・保存しておきましょう。

操作方法を変えるなら周辺機器をチェック

PS4ユーザーのメイン操作はパッド(コントローラー)ですが、PCではマウス操作(+キーボード)も選択できます。
もちろん引き続きパットで遊ぶことも可能です。
PS4コントローラーに対応するPCであれば、そのままPS4のコントローラーを使い続けることができます(ただしPADボタン(中央の大きな四角面)が使えなくなります。代わりにSHAREボタン(SS撮影ボタン)が同じ役目を担います)。
移行を機にマウスメインにしたい方は、あらかじめゲーミングマウスやキーボードを用意しておきましょう。

移行手順

1. モグステーションから自分のスクエニアカウントでログインする(PS4で遊んでいるアカウント)
2. 「各サービスのご契約手続き」を選択
3. “プレイするプラットフォームの追加”の項目から、「Windowsのプレイ権を追加」or「Macのプレイ権を追加」を選択
4. “コードの入力”の下にある枠に、PC版で購入した際の「レジストレーションコード」を入力し、認証させる

認証が終わるとPC版から既存アカウントでプレイが開始できます。
インストールして既存アカウントでログイン後、そのまま始めるとopムービーが流れてワールド選択画面になるので、プレイ中のワールドを選択。
するといつもの自キャラでのログイン画面が表示されるはずです。

スポンサードリンク

移行時の注意点

同じソフトの購入代金がかかるとなると、安直には移行できないですよね。
移行してから「やっぱりPS4が良かった…」とならないように、移行時の注意点を確認しておいてください。

各種設定は初期化された状態に戻る

キーバインドやホットバー、マクロ、ギアセットリストなどの設定は初期化されます。
キャラクターコンフィグ、システムコンフィグなどの設定も同様です(例:一度見たムービーは飛ばすか否か、PTリストのネーム表示なども全て初期化)。
マクロも初期状態になるので、PC側で一から作り直しです(PCの場合はネットから簡単に拾えるのでまだマシかもしれませんね)。
ログインしたら、まず最初に設定をやり直すところからなので、プレイ歴が長いほど骨の折れる作業になります。

テンキーを割り当てる時は「Numロック」をONに

PS4では本体にキーボードを繋げて、何もしなくてもそのままテンキーを割り当てることができたと思います。
PCの場合は“Numロック”のボタンを押し、Numロックのランプが点灯した状態にしてから割り当てられるようになります(Numロックの表示はキーボードによって若干異なります。大体テンキーの位置の上に配置されているはず)。
PS4版でテンキーに色々と割り振っていた場合は注意しましょう。

操作方法をパッドに切り替えるには?

PC版の初期設定ではマウスモードになっていると思うので、メニュー→キャラクターコンフィグから切り替えましょう。
左端のアイコンの一番上にある「ゲームパッド操作モード」を押せば完了です。
パッドモードでも、いちいちマウスモードに切り替えることなくマウス操作にも対応するので、ホットバー編集などはマウスでやると便利です。

やっぱりいいぞPC版!

間も無くFF14歴3年になろうとしている筆者ですが、全てのキーが初期設定になっているのがかなり面倒でした。
そして今更マウス操作に切り替える度胸もなく、今の所メインはパッドとキーボードの併用を継続しております。
設定周り以外はグラフィックもかなり見やすく動きがスムーズで、読み込みも早くなり大満足!
なによりマウスでのホットバーいじりが楽でしょうがありません。
ゲーミングPC購入の際は、移行を考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。