【FF14】初心者のための「ギャザラー・クラフター」とはどんなクラス?

FF14における「ギャザラー」、「クラフター」と呼ばれるクラスとは?戦闘が苦手な人にもおすすめできる、ギャザクラ職の魅力に迫ります。

クラスチェンジが解放されると、一気にできることが広がりますね。
戦闘以外にも重要なシステムが多いFF14ですが、その中に「ギャザラー」と「クラフター」の存在があります。
敵を倒すだけが冒険ではありませんよ。

スポンサードリンク

ギャザラーとクラフターとは

略して“ギャザクラ”と呼ばれるこれらの職業。
攻撃や魔法といったバトルが得意なクラスではなく、採集や製作などの作業に特化したクラスです。
バトルに必要な武器や防具。
それに必要な素材を集めたり、素材から作ったり。
バトルクラスが円滑に冒険を進められるのも、ギャザクラの活躍があってこそなのです。

《ギャザラークラス》

主に“採集”に長けたクラスで、様々な素材集めが可能です。
クラスごとに採集できる素材、採集方法などが違います。

・園芸師
主に植物の採集を担当します。
原木や草花、野菜など自然に携わるクラスですね。
ハチェットなどの手斧系を装備すると園芸師になれます。

・採掘師
鉱石や原石、石材などを扱うクラス。
ツルハシ系を主道具とし、採掘や砕石を行えます。
強力な装備品の素材になる石類をどんどん採集しましょう。

・漁師
その名の通り、魚介類の採集を行うクラスがこちら。
釣竿系を装備すれば、海や川で釣りが可能となります。
調理素材採集に欠かせません。

《クラフタークラス》

“製作”の作業がメインとなるクラフタークラス。
ギャザラーが集めた素材から、様々なアイテムを生み出す職人です。

・木工師
木工製品ならおまかせ!様々な木材から道具を作るクラスです。
主道具はノコギリ系。
◯◯材系の素材、木製の武器なども製作します。

・錬金師
アレンピック系などの主道具を使って様々な薬を作り出すのが錬金師。
ポーションや毒消しといった馴染みのアイテム以外にも、素材や武器の製作も行います。

・革細工師
革製品の製作に長けたクラスで、小型ナイフ系主道具を装備すればクラスチェンジできます。
レザー系の防具を作るのに必須のクラスです。

・裁縫師
縫い針を主道具とし、繊維製品の製作を行います。
シャツやグローブ、バンダナなど全身の防具製作が可能。
おしゃれな装備を求めるなら必見!

・鍛冶師
金属製品の素材や武器、他のギャザクラの主道具などを作ってくれる鍛冶師。
ハンマー系装備で様々な金属素材を加工します。

・甲冑師
鍛治師とは違う種類のハンマー系主道具で、金属製のアイテムを製作するクラスです。
防具以外に素材、調理器具なども作ります。
かっこいい防具ならおまかせのクラスでしょう。

・彫金師
こちらも金属製品の加工に長けたクラスですが、使用する主道具は小型のハンマー系装備。
宝飾品の製作が得意で、アクセサリの装備品を作り出します。

・調理師
様々な食材を美味しい料理へ変身させる調理師。
フライパン系装備を主道具とし、様々な効果を発揮する料理を作ってくれますよ。

スポンサードリンク

採集や製作の方法

採集は素材のあるフィールドの特定ポイントにて、ホットバーから採集のアクションを実行すればOKです。
園芸師なら「伐採」、採掘師なら「採掘」など。
採集できる場所を見つけるには、トライアングレードやプロスペクトなどクラスごとのアクションを発動しましょう。
するとマップ上にマークが出現。
そこに行けば、キラキラの光とともに表示があります。
そこで採集のアクションを実行し、多くの素材を集めましょう。

製作は好きな場所で製作手帳を開き、何を作るか選びます。
次にホットバーから「作業」のアクションを実行。
作業が進みゲージが一杯になれば製作完了となります。
それぞれ必要な素材がなければ製作できないので、手帳をチェックして集めておきたいですね。

採集や製作が成功すれば経験値を獲得できますよ。

採集手帳と製作手帳

採集した素材は「採集手帳」、製作レシピなどは「製作手帳」から確認できます。
ギャザクラのクラスではよく目にするメニューなので、見方を把握しておくと良いでしょう。

【FF14】初心者向け|ギャザラークラフターレベル上げ方法

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。