【FF14】ソロ攻略|峻厳渓谷ゼルファトル(白魔導士)

こんにちは!rihiraです。ソロでどこまで行けるのかに挑戦中!今回はレベル60ID「峻厳渓谷ゼルファトル」を攻略します。

メインストーリーを進行する上で欠かせないIDの中でも、イクサル族編のダンジョンとなるのが「峻厳渓谷ゼルファトル」です。
レベル60以上のほか、平均アイテムレベル210〜が参加条件となります。
気を抜けないIDの1つなので、しっかり攻略していきましょう。

スポンサードリンク

ソロで峻厳渓谷ゼルファトルを攻略しよう

今回もレベル70白魔導士で挑戦します。
その時の装備やステータスがこちらです。

一本道で楽チン!前半は余裕か

一本道のダンジョンなので、初見でも迷子になる心配はないでしょう。
序盤は岩が落ちてくる仕掛けがあり、円形の予兆もあります。
岩の予兆が敵にかぶさるようにすれば、ダメージ&被ダメ上昇デバフがつくので活用しましょう。

◆巡回中の敵→キャズム・ハルペイア

道をウロウロしているのがこの敵。
それほど強くないので、まとめて倒してもOKです。

《ボス1 飛天のヌザル・フェロック》

風船のついた、一見弱そうなボスです。
ボス自体はそこまで強くないのですが、ギミックを理解していないとかなりタイムロスになります。

ボスの近くをキープしつつバルーン・タレットを処理

HPを削るとボスが上昇して攻撃不可となり、雑魚が沸きます。
このうち中央にいるバルーン・タレットですが、HPが0になると爆風を起こします。
するとプレイヤーは高く飛び上がるのですが、この時浮かんでいるボスに触れるような位置にいることで上昇したボスを戻せます(ボス下の風が起きているところ)。
HPが0になって数秒で発動するので、なるべくボスの近くをキープしながら攻撃するのが良いでしょう。

ボスと風生みの珠が結ばれたら珠優先

ボスと風生みの珠2つが線で繋がると、ボスが無敵状態になります。
先に風生みの珠を素早く処理しましょう。
あとは裂傷のデバフなどに注意しながら戦っていきます。

《ボス2 旋風のドトリ・シロック》

大きな扇を持ったボスです。
戦闘が始まったら、丸いフィールドの端はぐるりとダメージ床になるので、やや中央寄りに。
大扇風の詠唱が始まったら、4箇所設置されているいずれかの壁の前に立って吹き飛ばされるのを阻止します。

マーカーがついたらダメージ床発生

赤いマーカーがついて一定時間たつと、マーカーのキャラを中心に竜巻が発生します。
乗るとダメージになるので、発生した瞬間移動を。
しっかり発生させないうちにウロウロすると、思ったところに置けないので気をつけて下さい。

スウィフトテザー→扇風をやり過ごす

ボスがスウィフトテザーの詠唱を開始したら注意。
詠唱後即座に扇風を仕掛けてきますが、詠唱なしですぐにダメージをくらいます。
これがかなり痛い。
スウィフトテザーの詠唱が終わるまでにはボスから離れ、扇風発動までボスから遠ざかっていれば回避できます。

スポンサードリンク

◆道中での注意ポイント→ウォーバルーンを破壊せよ

2番目の中ボス後に出現するウォーバルーン。
中から敵が続々と出てくるギミックで、先にバルーンを破壊しなくてはなりません。
1回目は1個だけなのでそこまで苦労しませんが、2回目はフィールドの両端に1個ずつ、2つのバルーンを破壊する必要があります。

バルーンが遠ざかると攻撃できないので、近くにいる間に素早く撃破しましょう。
バルーンから湧く雑魚は基本弱いですが、バルーンを放置するとあっという間に大量になるので要注意です。

《ボス3 晴嵐のトゾル・ファトトル》

ゼルファトルのラスボスです。
実はボス3体の中で一番楽だと思います。
エアロ系の攻撃を連発するのが痛いので注意すること。
頭割り攻撃ですが、今回のパラメータで楽々耐えられました。
あとはガルーダ召喚でくる範囲攻撃などを冷静に避ければ倒せます。

中ボスのギミックを理解して挑めば攻略可能

クリアタイムは69:13でした。
ドトリ・シロックに何度かやられてしまったのですが、このボスにやられるとスタートからボスまでの道が長くて辛いです^^;

1体目のボスは、それ自体は強くないもののギミックを理解していないとタイムロスに。
2体目のボスはスウィフトテザーに要注意となります。
3体目が一番シンプルで戦いやすいですね。
是非ソロコンプリートを目指して頑張って下さい!

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。