【FF14】オメガ零式シグマ編2層前半攻略|ヒーラー視点立回りなど

オメガ零式シグマ編2層の前半フェーズ攻略概要です。
タイムラインやヒーラー視点での立ち回り、ポイントなどを解説します。
個人的には1層よりも攻略しやすいと感じました。
ロールごとのギミックをしっかり処理していきましょう。

シグマ2層のボスはチャダルヌーク。
FF6で登場した絵の敵ですね。
セクシーな女性が出てきたやったー!と思ったのも束の間。
恐ろしげな悪魔のボスと戦う羽目になります。

【FF14】オメガ零式シグマ編1層後半攻略|壁配置考察やヒーラー視点立回り

スポンサードリンク

オメガ零式シグマ編2層|基本知識

ノーマルでかじったギミックに一手間加わったものが零式で出てきます。
基本知識から見ていきましょう。

①インクの色と対応した絵

四方にある4つの絵は、それぞれ近くにあるインクと対応します。
左上が水=ピンク、左下が風=黄、右上が土=黒、右下が炎=青です。
対応する色のインクをつけることでギミックが処理可能。
さらに中央のセイレーンには4色のインクをつける必要があります。

青と黒は全員がつける→塗るを実行しなくてはなりません。
ピンクと白はPTによりますが、ヒーラーが担当するのがDPS的に良いようです(ピンク→学or占、黄→白)。

零式シグマ編2層|前半フェーズ

タイムラインに沿って内容や攻略方法を解説します。
担当のインクギミックを忘れないようにしましょう。
事前に全員が青インクをとっておきます。

《デモニックハウル→デモニックシアー》

開幕から全体攻撃のデモニックハウルがあるので、事前の軽減必須。
程なくしてMTに大ダメージのデモニックシアーです。
この間はボスの向き等気にせず出現した場所で叩いていてOKです。

《絵画憑依<炎・青インク>→フラッシュファイア》

ボスが移動後程なくして炎の絵画と緑の線で結ばれます。
同時に絵画憑依の詠唱が始まるので、完了までに最初にとっておいた青インクを炎の前にある絵に塗りましょう。
これで炎耐性のバフが付き、炎の全体攻撃を防ぐことができます。

☆ヒーラー視点ポイント☆

STもゴッデスのタゲを取るため、MTだけでなくSTの回復にも注力してください。

《デモニックハウル&フラッシュウィンド》

全体攻撃(ハウル)と、南側に頭割り攻撃(ウィンド)。
頭割りはSTが1人で無敵受けするパターンが多いようです。

☆ヒーラー視点ポイント☆

ハウル前あたりで最初のアサイラム。
ベニゾンも戻っているはずです。

《ポルターガイスト→デモニックシアー→女神の誘惑》

ポルターガイストはヒーラー1名と死神が線で結ばれるギミックです。
死神に背を向けていると追跡してきますが、死神を見ていると止まります(だるまさんが転んだ状態)。
同時に西にある風の絵の女性が女神の誘惑を詠唱開始。
死神がいる方角からの視線攻撃なので、誘惑の詠唱完了直前に背を向ける→誘惑発動したらすぐ死神に向くことで回避します。
死神に捕まると即死です。
誘惑発動後しばらくすれば死神は消え去るのでそれまで注意しましょう。

その間にデモニックシアーも着弾。
死神に気をつけつつMTをカバーしてください。

☆ヒーラー視点ポイント☆

詠唱で対象メンバーの方向に向くと死神に背を向けてしまう恐れがあります。
ギミック中は詠唱時の向きにも気をつけて。
誘惑は詠唱完了と同時だと捕まりやすいと思うので、余裕を持って視線を切りましょう。
東側に目一杯移動しておくと死神との距離ができます。

《デモニックペイン→デモニックハウル》

デモニックペインはタンクとDPSが紫の線で結ばれ、距離が近いほどダメージをくらう攻撃なので素早く離れる(線の色が変わるのが目安)。
ハウルは全体攻撃なのでしっかり回復しましょう。

その後ボスが憑依解除で絵から離れます。
しばらくは攻撃タイムなのでDPSを伸ばしましょう。

《絵画憑依<風・ピンクインク>→AoE大→極風》

ボスが風の絵に絵画憑依します(緑の線で繋がれる)。
担当者はピンクのインクを取って水の絵側に。
その他のメンバーは風の絵の手前、角に集合します(Cの位置)。
程なくしてAoE大が出現するので一旦避ける。
ピンク担当者も適当な場所で回避します(水の絵の前あたり)。

その後Cへ戻ってボスを攻撃。
ピンク担当は絵にインクをつけてテュポーンに変身し、Cの近くにある極風を1つ吹き飛ばして変身を解除します。
後はCの位置で戦えばOKです。

《デモニックシアー→デモニックハウル→フェザーランス→デモニックハウル》

MT大ダメ、全体攻撃と続きます。
フェザーランスで極風が爆発。
Cの位置でしっかり回避しましょう。
追い打ちでハウルがやってくるので回復の手を抜かないよう注意です。

《死の口付け→デモニックハウル》

DPSを対象に死の口付けが付与されます。
時間経過後大ダメージですが、メンバーに触れることでデバフの移動が可能。
対象者はSTへ移します。
この時他のメンバーを巻き込まないよう、対象者とSTは位置を決めておき少し離れてタッチしましょう(Aの位置)。
カウント0でダメージなので、STとヒラは軽減&回復を。
全体攻撃のハウルにも要注意です。

スポンサードリンク

《ポルターガイスト→デモニックシアー→女神の誘惑》

最初のギミックと同じで、ヒーラーのどちらか1名に追尾死神&全体へ視線攻撃。
今度は東側からの死神と視線なので、西側を向いて誘惑を回避します。
死神出現の間にまたしてもシアー(MT大ダメ)がくるので対応しましょう。

《デモニックストーム→デモニックハウル》

頭割りのストーム、全体攻撃のハウルと続きます。
ここの頭割りは全員で処理(PTによる?)。
全体ダメージが続くのでヒーラーは踏ん張りどころです。
攻撃タイムを経てボスが憑依解除します。

☆ヒーラー視点ポイント☆

AoE大後あたりから全体回復が続きますが、MPはそこまで気にする必要ありません。
この後のギミックでMP全回復のターンがあるので、そこまで持てば使い切るくらいで頑張っても大丈夫でしょう(ヘイトにさえ気をつければ)。

《絵画憑依<炎・青インク>&<土・黒インク>→フラッシュファイア&大地震→フラッシュレイン》

ボスが中央に戻ったら、「青インク取る→炎の絵を塗る→黒インク取る→エアフォースに塗り騎乗」の流れをこなします。
先に青を塗らないと、エアフォースに乗ったままではコンテンツアクションが使えないので要注意。
騎乗したら右上の絵の手前、角に集合します(Dの位置)。
フラッシュファイア&大地震が着弾したら降りて攻撃。
次に来る大範囲攻撃のフラッシュレイン処理までこの位置で攻撃しましょう。

《実体化→デモニックペイン→子守唄→デモニックハウル×2》

ボスの分身が実体化してデモニックペイン(2組)。
先と同じく対象者同士が距離をとってダメージを軽減します。
この間に各担当者がピンク、黄色、青、黒インクをそれぞれ取り、中央の絵の上に集合。
子守唄の詠唱が終わるとTP&MPゼロのデバフが全員につくので、それを確認したら4人が4色のインクを中央の絵に塗ります。
これで処理が完了すればTP&MPが全快。
ほぼ同じくらいにデモニックハウルの全体攻撃なので素早く回復しましょう。
ここでは2回続けてハウルがくるので要注意。

☆ヒーラー視点ポイント☆

スムーズに行けばハウルの回復時にはMPが戻っているはずですが、アサイラムや野戦治療の陣も早めに設置しておきましょう。
アビリティであるアサイズやアーサリスター、不撓不屈の策ならMP0でも発動できます。

《デモニックシアー→AoE小》

シアーでMT大ダメージ。
さらにDPSを対象にした小範囲AoE。
出現時間が短いので素早い散会を心がけましょう
5回くるので気を抜かずに。

《死の口付け→デモニックハウル》

DPS1名に死の口付けのデバフなので、先と同じようにSTへタッチ。
カウント0でSTにダメージなのでしっかり軽減しましょう。
恒例の憑依解除→次の絵に憑依までたこ殴りタイムです。

零式シグマ2層 後半へつづく!

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。