FF14 その他

【FF14】プレイ1周年を迎えた私がFF14を再評価してみる

2018年6月29日

初のオンラインRPGであるFF14をプレイし始めて1年が経ちました。オンラインならでは、FFならではの楽しい体験、逆に驚いたり残念に感じたこと。1年プレイしたからこそ評価できるFF14への想いを語ります。

RPGの金字塔であるFFシリーズの初MMOが、FF11。
その次回作となるのがFF14です。
私自身初めてのオンラインRPGだったのですが、昔から慣れ親しんできたFFは当然のように選択肢に入りました。
プレイ開始から1年が経った今、改めてFF14を評価してみたいと思います。

スポンサードリンク

FF14を1年間プレイして素直に感じたこと

単純に感じたことをそのまま語ってみましょう。
プレイ中や過去にプレイしたことがあるあなたなら、共感してもらえるかも。
辛口評価も含むのでご注意ください。

初心者も上級者も楽しめる難易度

最初は気持ちこそドキドキ、失敗したらどうしようなんて考えてしまうダンジョンや討滅戦ですが、難易度的には初心者でもすんなり進められるレベルだと思いました。

役割が明確(ロール分け)な点も、何をすれば良いか迷うことが少なくて良いですね。
一方で、マニア向けの高難易度コンテンツもちゃんと用意。
ライト層からヘヴィなユーザーまで楽しめる要素が準備されているなと感じました。

SS向きの高グラフィック

街とか普通のフィールド、IDの景色なんかも楽しんでほしいFF14。
ムービー以外のグラフィックも美しく、ちゃんとしたRPGを遊んでいる感が味わえます。

キャラクターもそうですが、どんなキャラメイクをしても大体イケメンや美女になるから動かしていて楽しいんですよね。

なんであんなにララフェルはかわいいの?
FF14終わってもララフェルだけは残せばいいのに。

バトルだけじゃないやり込み要素

FF14には戦う職業だけでなく、物を作るクラフター、材料を集めるギャザラーという非戦闘職があります。
これを全て1からLvMAXに育てようと思うと、まぁとんでもない。

私もせっせと育てていますが、未だにどれもカンストしていない;

オンラインRPGでは他の人とトラブルになって、もう他人と遊びたくないという想いをした人もいるでしょう。
バトルで挫折した人がギャザクラに転向して、ソロプレイでまったり楽しむ……なんて遊び方もできちゃいます。

なんというかおつかいゲー

メインクエストをしばらく進めていて気づきました。
光の戦士なのになぜこんなにお使いをやらされるのか。

MMOというジャンルだとある程度仕方ないのかもしれませんが、あっち行ってこっち行って話しかけただけでクエスト進むの繰り返し。
最初はちゃんとストーリー展開を追っていたのですが、後半は重要な部分以外の会話は連打しがちです。

楽しいジョブとそうでないジョブの差

これは完全に個人的な好みの問題なので、あまり参考にならないかもしれません。

元からヒーラー職が好きで、幻術士からスタートした私にとっては、やっぱりヒーラーって一番やりがいを感じるんですよね。

でもその他のジョブだって育ててみたい、全部カンストしたい。

そう意気込んでいろいろやってきたのですが、育成していて苦痛なジョブってやっぱりあります。

どんなジョブでも極めたらまた違う印象になるかもしれないですね。

じゃあ一生ヒーラーやってろって話なんですが;
ヒラ職3つなんてすぐ終わるから、このゲームでやること半分くらいなくなってしまう…涙

スポンサードリンク

ギスギスオンラインを否定できない

FF14の評判を調べていると、いきつくのが“ギスギスオンライン”というワード。
プレイヤーの一部で暴言の酷い人がいたり、明らかにマナーの悪いプレイをする人がいることで空気がギスギスする。
そういったことを経験した人が多いからなのか、残念なあだ名がつけられているようです。

これに関しては、実際にプレイしてみて完全に否定できないな…というのが正直な所。

エンドコンテンツほどミスが続くとピリつくことはありますし、他人の動きに不満が出たりもします。
それを指摘する言い方、受け取り方1つでギスギスが発生してしまうのです。

私はFF14を完全に嫌いになるほどのギスリにあったことはないのですが、うーん、その言い方…と感じるようなことはやっぱりありました(私に対しての言動ではなく、PT内の他のメンバーに関してですが)。

あとは平手打ち連打されたりとかですかねー苦笑

ギスギスとは違いますが、PT募集の説明を無視されて色々やらかされたことは一度だけあります。
その時の出来事は是非以下の日記を参考に!

回数こそ多くない方だと思うので、ギスギスに遭遇する確率は運や自分のプレイスタイルにも左右されるでしょうね。

でも良い出会いだってたくさんある

そうです、変な人ばかりじゃないんです。
初心者の時にオーラムで死にまくっても、最後まで付き合ってくれたPTだってあります。
詳細は日記をどうぞ。

ロドストの日記に愚痴ったら、一緒に最終ダンジョン攻略しようぜ!と誘ってくださる優しい方もたくさんいらっしゃいました。
そして実際にその人たちと攻略もできました。

FCやLSに入っていろいろな人と触れ合い、難しいコンテンツを一緒に撃破する喜びや楽しさも味わってきたんです。

予習しとけ!という声もありますが、よほどじゃなければ気にしなくて良いと思いますよ。
事前情報ナシでコンテンツに挑めるのは一回だけなのですから、初めてを楽しまなきゃ損です!

評価まとめ:思う所もあるけど、遊んでよかった作品の1つ

他のMMOをプレイしたことがないので比較できないところが残念ですが、個人的にはFF14をプレイしてきて良かったです。
オフゲにはない出会いの楽しさを味わえて、やり込める要素も多かったからこそ1年も続いたと思うので。
今から初めても決して遅くない作品なので、私のように初めてのオンラインRPGに選んでみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

  • この記事を書いた人
アバター

rihira

このブログはライターのrihiraが運営しています。 FF14を中心に、ゲーム攻略、レビュー記事などをお届け。 詳しいプロフィールは下記を参照ください。 詳しいプロフィールを見る

おすすめ記事

1

バイオハザードの最新作「ヴィレッジ(8)」、攻略記事その8をお届けします。今回はハイゼンベルクを倒した後から、ラスボス攻略までを解説します。 下記記事の続きとなる、バイオハザード ヴィレッジ(8)の攻 ...

2

バイオハザードの最新作「ヴィレッジ(8)」、攻略記事その7をお届けします。今回はハイゼンベルクの工場攻略の前半(B3に行けるようになった所)から、変異したハイゼンベルク戦までを解説します。 下記記事の ...

3

バイオハザードの最新作「ヴィレッジ(8)」、攻略記事その6をお届けします。今回はモローを倒した後から、ハイゼンベルクの工場攻略の前半まで(B3に行けるようになるまで)を解説します。 下記記事の続きとな ...

4

バイオハザードの最新作「ヴィレッジ(8)」、攻略記事その5をお届けします。今回はベネヴィエント邸の攻略後から、変異したモローを撃破するところまでを解説します。 下記記事の続きとなる、バイオハザード ヴ ...

5

バイオハザードの最新作「ヴィレッジ(8)」、攻略記事その4をお届けします。今回は変異したドミトレスク夫人を倒した後から、ベネヴィエント邸内部の攻略(人形使いのドナ撃破)までを解説します。 下記記事の続 ...

-FF14 その他

Copyright © GAMEONLIFE , All Rights Reserved.