ゲームレビュー ゲームその他

【レビュー】ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンを早速プレイ

2017年10月6日

世代ファン待望のミニスーパーファミが発売されましたね。私も早速遊んだので、レビューをお届けします。

あの頃の楽しさを、手のひらサイズで再び。
手軽に名作ゲームを遊べる「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が発売されました。
今回は、ミニファミコンの時よりも生産数を上げると告知されていましたよね。
そのおかげもあってか、多くの方がスムーズに購入できている模様。
私も予約なしで余裕GETできましたので、その勢いのままいざレビュー!

スポンサードリンク

今更ながら収録タイトルのおさらい

ミニスーファミニ収録されているゲームタイトルですが、あの頃私たちを熱狂させてくれた名作ばかりです。
筆者のガチやり込みゲーもいくつか入っています。

スーパーマリオワールド
F−ZERO
がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
超魔界村®
ゼルダの伝説 神々のトライフォース
スーパーフォーメーションサッカー
魂斗羅スピリッツ
スーパーマリオカート
スターフォックス
聖剣伝説2
ロックマン®X
ファイヤーエムブレム 紋章の謎
スーパーメトロイド
ファイナルファンタジーⅥ
スーパーストリートファイター®Ⅱ ザ ニューチャレンジャーズ
スーパードンキーコング
スーパーマリオ ヨッシーアイランド
パネルでポン
スーパーマリオRPG
星のカービィ スーパーデラックス
スターフォックス2

任天堂公式サイトより引用:収録タイトル一覧 | ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン | 任天堂

21作品中、私はプレイしたことがあるのが14本。
多いのか普通なのか少ないのか。
(ただしちょっとだけプレイのやつも含む)
そのうちゼルダ、マリオワールド、マリオカート、星のカービィあたりは本当にやりこみましたね。

スターフォックス2に関しては前もって発表されていた通り、未発売の幻のタイトルということになります。
スターフォックスは64で遊び倒しました。

スポンサードリンク

早速起動!・・・の前に各種接続の方法

説明書を読めば良いのですが、最初にコントローラーの接続に戸惑いました。
本来接続する部分にそのまま…ではなく、蓋を外してその中につけるんですね。

あとはコンセントとHDMI端子を接続。
コンセントのUSB ACアダプターは別売りです。

スイッチON!どれから遊ぼうか迷います

おなじみのスイッチを上にON!
電源が入り、ミニファミコンの時と似たような画面からタイトルを選ぶことができます。
プレイ中にリセットボタンでホームメニュー戻れるのも同じ仕様ですね。
中断ポイントは各タイトル4つまで保存できます。

新しく追加された4つの機能

ミニファミコンではなかった新たな機能は4つです。
以下簡単に紹介します。

1 リプレイ機能で自分のプレイを確認

中断ポイントとして保存したところから、少しだけ巻き戻してリプレイが可能です。
見るだけでなく、巻き戻したところからやり直すこともできます。
これを利用すれば、やられる前に巻き戻って再チャレンジすることも可能。
これは公式チートでは!?

2 マイプレイデモが自動で流れる

初見であれ?と思ったのが、マイプレイデモという機能。
中断ポイントのプレイが、デモ画面のようにホームメニュー時に流れます。
タイトルを選んでいる時の小休止にも。

3 フレームも好みで変更可能

今回は画面フレームのデザインも12種類用意されており、好みで変えられますよ。
ゲームの動きによって変化するフレームもあるようなので、色々試してみると面白そう。

4 アナログテレビモードであの頃の臨場感を

こちらはミニファミコンにも搭載されていた機能ですが、スーファミ時代に合わせた画質に調整されています。
年代別に見え方が変えられるようにもなっていますよ。

懐かしのタイトルで遊んでみた

どれもこれも本当に懐かしい。
マリオワールド、ゼルダ、聖剣、ロックマンなど一通り触りました。
あれ、こんなに画像粗かったっけ…と思うこともしばしば。
ゼルダはやり込みすぎたせいか、ここでこうやるというのを体が覚えている始末。完全に末期症状です。

あとBGM!
懐かしい音楽を聞くとその頃の思い出が蘇るの同じで、ゲームのBGMもその効果がバリバリですね。
個人的にはゴエモンの音楽がやばかった。
聖剣やロックマンは個人的に神曲だらけと思っているので、是非堪能してください。

スターフォックス2もプレイ 注:ネタバレ

スーファミ未発売タイトルのスターフォックス2ですが、どうやら収録されているスターフォックスをプレイすると遊べるようになる模様(プレイ後に正式に?出てきました)。

いざ遊んでみると、知らないキャラが2人(匹?)いる!
あの猫以外にも女性キャラがいたんだ。
また、肝心のシステムもちょっと違う。
拠点となる星を守りながら戦っていくようで、1や64とはまた違う独特な感じでした。

スターフォックスのグラもこんなに…粗かったっけ!
あの頃よくプレイしていたなぁと変なところで感心します。
その分今のゲームのグラが綺麗だってことですね。

©Nintendo
©Konami Digital Entertainment
©CAPCOM CO., LTD. 1991, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.
©CAPCOM CO., LTD. 1993, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.
©CAPCOM U.S.A., INC. 1993, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.
©Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
©1993 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
©1994 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. ILLUSTRATION/©1994 YOSHITAKA AMANO
©1995 Nintendo/ SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. キャラクター:©Nintendo, ©SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
©1990-1993 Nintendo/INTELLIGENT SYSTEMS
©1995 Nintendo/INTELLIGENT SYSTEMS
©1995 HAL Laboratory, Inc. / Nintendo

スポンサードリンク

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

  • この記事を書いた人
アバター

rihira

このブログはライターのrihiraが運営しています。 FF14を中心に、ゲーム攻略、レビュー記事などをお届け。 詳しいプロフィールは下記を参照ください。 詳しいプロフィールを見る

おすすめ記事

1

FF7リメイクのDLC「INTERmission」、ユフィを主人公とした番外編ストーリーの中で遊べる「神羅クラッシュボックス」の攻略情報です。 主に最高スコアとなる50,000点を稼ぐ方法について解説 ...

2

ユフィ編のDLC「INTERmission」で追加された裏ボス、純白の帝王ヴァイス戦の攻略情報です。 非常に強敵なので事前準備を万端にし、敵の動きなども理解したうえで挑戦しましょう。 本記事ではヴァイ ...

3

FF7RのDLC「INTERmission」にて追加されたミニゲーム『コンドルフォート』の攻略情報です。 主にハードモードにおける基本的な勝ち方のほか、強敵となるウェッジとチャドリーに勝つための方法を ...

4

FF7リメイクのDLC「INTERmission」、チャプター2以降の攻略情報です。メインストーリー上のポイント、ボス戦の概要などを記載しています。 記事最後には、EDを含むストーリーのネタバレをがっ ...

5

FF7リメイクのDLC「INTERmission」が発売されました!今回の主役は、ウータイの忍者「ユフィ・キサラギ」。7番街崩壊までの裏で、ユフィたちの活躍が描かれるコンテンツです。 物語を進める前に ...

-ゲームレビュー, ゲームその他
-

Copyright © GAMEONLIFE , All Rights Reserved.