【Apex】シーズン7が開幕!新レジェンド『ホライゾン』の使用感や新MAP『オリンパス』の特徴

11月5日に実施されたApex Legendsのアップデートで、『シーズン7 アセンション』が開幕となりました。同時に採用された新キャラ「ホライゾン」や、新マップ「オリンパス」についても紹介します。

待ちに待ったApexのアップデートが実施!
シーズン7の実装や、新しいレジェンドの追加がなされています。
どんなレジェンドなのか、早速チェックしておきましょう!

スポンサードリンク

新レジェンド『ホライゾン』について


シーズン7から新しく追加されたレジェンドが「ホライゾン」です。
天文物理学者という設定で、重力に関わる能力を持っています。
早速基本的な特徴をご紹介。

戦術アビリティ:グラビティリフト

目の前に上昇気流のような力を発生させ、乗ったプレイヤーを上に運ぶアビリティです。
効果時間は約8〜9秒と決して長くはありませんが、その分クールタイムも短く設定(15秒)されています。
高所を取る以外にも、敵の足元にわざと設置して撹乱するといった効果も期待できそうです。

パッシブアビリティ:スペースウォーク

高所からの着地時に、硬直時間が短くなるパッシブを持っています。
着地後すぐに逃げる、あるいは戦闘態勢に戻れるので、高所からの脱出や奇襲も仕掛けやすいキャラと言えるでしょう。

アルティメットアビリティ:ブラックホール

任意の地点にマシンを設置し、それを中心にブラックホールを生成します。
一定まで近づくと、ブラックホールに吸い寄せられるアビリティです。
最後には重力の爆発で攻撃効果もある模様。
吸い寄せ効果は自軍にも発生するので、設置場所には注意が必要です。

ホライゾンを使ってみての所感

着地硬直を抑えるパッシブがかなり嬉しいです。
おかげで高低差のある場所でも、思い切った移動ができます。

重力玉はとりあえず放り込む!
とっておいてももったいないので、距離を取って敵陣地に投げ込めば多少なり撹乱する効果は期待できると感じました。

グラビティリフトも、位置バレなど気にならない所であれば出し惜しみせず使っていきましょう。
高所への移動や敵の足元以外に、逃げるときにも役立ちます。

スポンサードリンク

新MAP「オリンパス」に行ってみた!


期間限定で「OLYMPUS探索」が実装されています。
MAPの収縮に従ってオリンパスを探索できるモードで、非戦闘態勢(敵味方に関わらず攻撃判定なし)で楽しむことができますよ。
心ゆくまで新しいステージを満喫してみましょう。

景観の美しさNo.1マップに認定!?


とにかく景色が綺麗で楽しい!
未来の街並みといった感じで、市街地っぽいエリアやおしゃれな建物がたくさん並んでいます。
一方で、化学施設のようなエリアもあり、SFっぽさ満点。
天空都市ということで、その下には雲が漂っています。
いたるところに落下死の危険性が潜んでいるので、しっかりと探索して把握しておきましょう。

トライデントに乗ってみよう!


広大な新マップには、“トライデント”という3人乗りのジェットが用意されています。
運転するときは後部から、相乗り時は前部の左右から乗車しましょう。
チャージが溜まれば加速も可能。
複数見つけられれば、1部隊で何台も乗っていくことができます。
トライデントの設置場所は、マップに表示されるアイコンから確認可能です。
視認できる距離にいれば、水色の柱も目印になりますよ。

オリンパスの所感


新エリアは、遮蔽物がなく開けているエリアが多いように感じます。
その分見通しが良いので、スナイパー武器が活躍しそうな気がしました。
序盤〜中盤は1本持っておくと安心かも。
広いので、遠いポイントへのジャンプがなかなか届きにくい。
これまでと同じ感覚で遠距離ジャンプしようとしても、割としんどかったです。

乗り物での移動は、トライデントへの攻撃がそのまま乗車プレイヤーへのダメージとなるので、結構リスクがあるように思いました。
目立つうえに大きいので撃ちやすいです。
あまり無闇に乗り回すと危険かも?

シーズン7も益々盛り上がりそうな予感!

待望のR−99復活などもあって、盛り上がりを見せるシーズン7。
新レジェンドを使いこなし、新マップの立ち回りにも慣れておきましょう!

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。