【Apex】ど素人から始めるエイム練習!上達のために意識したいポイントや練習方法

素人が0から頑張る『Apex Legends』!今回はエイム上達のコツについて解説します。FPS下手くそプレイヤーの筆者でも、少し意識するだけで弾が当たるようになった、キルが取れるようになったポイントや練習方法を紹介します。

PUBG以来、FPSで面白いなと感じられた『Apex Legends』。
正直FPSは素人の域で、エイムもかなり下手くそな筆者です。
ダメージ0も余裕で叩き出す私ですが、少しのポイントを意識するようになってからは、だいぶ弾が当たるようになってきました。
おすすめの練習方法もあわせてご紹介します。

スポンサードリンク

0スタートの初心者におすすめなエイム練習方法やコツ

同じくFPS初心者、エイムがとてつもなく苦手な方に向けて、素人でもここを意識すれば上達する!こんな練習方法がおすすめ!と感じたポイントを紹介します。

とにかく止まらずに撃つ練習をしよう

止まって撃つ分には安定して当たるけど、近距離の撃ち合いだとなかなか勝てない。
初心者ほど、そんな経験が多いのではないでしょうか。

私もよく撃ち合いで雑魚死するタイプです。
原因は相手に弾を当てられる上に、自分の弾が当たらないから。
エイムが下手なだけなら自分の弾が当たらないだけなのですが、当てられるということは相手が上手い以外に、自分の動きが少ないことも理由だと考えられます。

撃ち合いになったら、なるべく止まらないことを意識しましょう。
相手の照準から外れるために、常に動き回る必要があります。
まずは死なないことが重要なので、基本は足を止めない。
オブジェクトがあれば、必ず陰に隠れながら戦いましょう。

ただ、動き回るだけで弾が当たらないと、相手を倒すことができず、ジリ貧です。
射撃練習場で練習する時は、左右にウロウロしながら、またはジャンプしながら的に当てる練習をしましょう。

動きながら当てるのは基本のテクニックの1つとなるので、撃ち合い中は意識してみてください。

頭より少し下、なるべく上半身を狙う


銃は撃った時の反動で上に上がるため、基本は頭より下の上半身を基準に狙うのがおすすめです。
頭への攻撃はヘッドショットとなり、大ダメージを与えることができます。
もちろん頭は小さいので、初心者が直接狙うのはかなりのハイリスク。
なので基本は上半身、頭より少し下を意識して、銃の反動も利用しながら弾を当てていきましょう。

早めに腰だめ撃ちに慣れよう

腰だめ撃ちとは、スコープを覗かずに撃つことを言います。
スコープを覗くと照準を合わせやすくなる反面、覗く一手間が入る分初動が遅くなるデメリットが。
また、覗いている間は移動速度が低下するため、弾にも当たりやすくなるのです。

相手とある程度距離がある時、遮蔽物がある時は良いですが、近距離の打ち合いでは腰だめ撃ちが有利なケースが多くなります。
構えずに撃つため初手が早くなり、移動速度も低下せずに動き回りながらのエイムが可能。

ただ、やはり腰だめ撃ちは照準がかなりブレやすくなります。
狙っているつもりでも、なかなか当たらないことも多いでしょう。
しかし、早めに腰だめ撃ちの感覚に慣れることで、撃ち合いや不意に対峙した時に即座に対処できるようになります。
どの辺りを狙えば当たるかは慣れて感覚を掴むのが一番なので、練習あるのみですね。

スポンサードリンク

慌てない、焦らないが一番大事

急に敵がくると慌てる、撃たれると焦る。
ほとんどの初心者が同じ心境になると思います。

焦るとエイムが大きく乱れたり、どこを走っているかわからなくなりますよね。
最初は誰でも同じ。
まずはしっかりと敵の胴体を狙う、間違っても背中を向けない、逃げるなら物陰を利用して視線を切りましょう。

常に「敵がいるかも」と思っていれば、慌てる心を少しでも落ち着けること可能です。
逆に「いないだろう」からの会敵が一番焦るので、常に警戒心を持っておきましょう。

心理的な問題は、とにかく経験値を増やして慣れるしかありません。
死んでも次がありますし、前提としてゲームなので、楽しく遊ぶべきもの。
下手だから遊んじゃいけない、なんてルールは全くないので、気にせずエイムの上達を目指しましょう。

意識を変えて遊ぶことがエイム上達への近道

私もエイムが壊滅的に下手くそで、落ち込むこともありました。
しかし、上述のポイントを意識しながら遊んだり、練習を重ねることで、徐々にダウンを奪えるように。
やっぱり一番大切なことは、どっしり構えて焦らないことですね。

移動や立ち回りが上手い人に出会った時は、真似するようにしましょう。
同様に、上級者のプレイを動画で見るなども、とても勉強になりますよ。

エイムが下手すぎて怒られないか不安な人へ

FPSの多くにはVC機能が搭載されていますが、必須機能ではありません。
暴言を吐いてくるプレイヤーもいるので、少しでも嫌な思いをしたくないならミュート推奨です。
ApexLegendsは、敵のいる位置やアイテムの位置などにピンを指すことで、VCがなくても戦いながらある程度意思疎通を図ることができます。

人同士が遊んでいるゲームですから、基本的なマナーは厳守すべき。
不快な言動は無視し、間違っても同じ土俵に立たないようにしてくださいね。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。