【FF14】白魔導士|おすすめスキル配置まとめ刷新版|PS4向け

こんにちは!rihiraです。前回お届けした白魔導士おすすめスキル配置まとめ。今回はより使い慣れてきた状態で刷新したものをお届けします。

※パッチ5.0以前に執筆した記事です。

ヒーラーの中でも使いやすく、安定したスキル回しができる白魔導士。
筆者がもっとも使い込んでいるジョブでもあり、エンドコンテンツでも活躍してくれています。
前回お届けした「【FF14】白魔導士おすすめスキル配置まとめ(ヒーラー)PS4向け」記事ですが、今回はより刷新した内容をお届け!
白魔導士を極めたいというあなたの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

白魔導士の基本的なスキルについて

ほぼコンボと呼べるものはないので、スキル回しというほどでもありませんが。
基本的な動かし方からおさらいしましょう。

《ケアル、ケアルラ、リジェネ》

回復の基本形です。
レベルが上がるほどケアルラで主回復、ケアルで調整となるでしょう。
Lv68以降はいずれもクリティカルヒットすれば、アサイラムとアサイズのリキャストタイムが5秒短縮されます(発動確率20%)
リジェネは主にタンク用です。

《ストーン系、エアロ系》

最終的にストンジャ、エアロラ、エアロガが主な攻撃手段になります。
エアロラは単体攻撃+dot、エアロガは範囲攻撃+dotなので、対敵数に応じて使い分け。
ボスでは両方かけると良いですね。

《ホーリー》

範囲攻撃+スタン付与の対雑魚無双魔法。
敵数に応じて威力が変化しますが、スタンが大きいので積極的に活用したい攻撃魔法です。
敵やタンクの固さにもよりますが、2〜3体以上で使うようにしています。
複数戦でタンクが辛そうな時には放り込みましょう。

《ベネディクション、テトラグラマトン》

回復スキルです。
即発動できる便利な技で、主にタンク用。
絶対に落としたくないボス戦、エンドコンテンツなどのタンク向け大ダメージ攻撃などと合わせて使うことが多くなります。
リビングデッドなど全回復が必要なスキルにも合わせやすいですね。

《シンエアー、アサイズ》

シンエアーは10秒間消費MP0になるスキル。
ID道中のホーリー連打、長期ボス戦などのMP枯渇時に活躍します。
アサイズはHP範囲回復&範囲攻撃&MP回復と万能なスキルで非常に使いやすいです。

《メディカ、メディカラ、ケアルガ》

いずれも範囲回復ですが、メディカは回復量が高く範囲が狭い、メディカラは範囲が広く回復量が低いがhotがつきます
ケアルガは回復量の大きい分範囲が狭いので、ボス戦ではしっかり集まってもらうこともポイントでしょう。

《ディヴァインベニゾン、インドゥルゲンティア》

ディヴァインベニゾンは1人に対しダメージ減少バリアを張れるスキルで、リリースタック全消費で使用できます。仕様変更により、リリー無しでも発動可能になりました。
主にタンクか自分用に使い、状況にもよりますが基本は溜まったら早め発動がおすすめ。
リキャストタイムがそこまで長くないですし、ケアルやケアルラで簡単にストックするので使い捨てくらいでバンバンうっていきましょう。
エンドコンテンツなどのボス戦では、大ダメージ攻撃に合わせて自分用にも◎。

インドゥルゲンティアは、メディカ、メディカラ、ケアルガを使用した時に回復させたメンバー(自分含む)に付与され、最大3つまでです。
スタック数に応じて回復力が変化し、多いほど上昇します。
MPも使わず複数人を即回復、リキャストタイムも60秒とまずまずといったところ。
MP節約にもなるので、敵の連続範囲攻撃、範囲大ダメージなどへの回復に差し込みたい技です。

《アサイラム、神速魔》

アサイラムはヒールエリア配置アビリティ。
対ボス戦、HP減りが激しい時のタンクカバーなどに。
エンドコンテンツになるほど、ボスの技に合わせて同じタイミングで発動することが多くなるでしょうね。

神速魔は一定時間魔法のキャストタイム及びリキャストタイムが20%短縮します(オートアタックの間隔も短くなりますがほぼ関係なし)。
攻撃をぶっこみたいとき、こっから回復忙しくなるよ!というタイミングなどに。
ソロでも結構活躍する技です。

スポンサードリンク

<ロールアクション>

5つセットできるロールアクション、うち4つはプロテス、エスナ、ルーシッドドリーム、迅速魔が無難。
プロテスはマクロで差し替えるのも◎。
エスナはコンテンツに応じて必要度合いが違ってくるので、適材適所で。
迅速魔は主にレイズ用ですが、迅速メディカなど即時範囲回復用にも使えます。

それ以外ですが、堅実魔や救出はエンドコンテンツに多いボスの攻撃対策として活用します。
堅実魔は詠唱妨害を受けず、ノックバックや引き寄せを無効(一部を除く)。
神龍のダイタルウェイブなどに使えます(ただし効果時間は5秒と短いので注意)。
救出は零式4層デルタ編などで使えるようですね。

アイフォーアイはディヴァインベニゾンがくるまでは活用していましたが、ディヴァインベニゾンだけでもいいかなと。
アイフォはリキャストタイムが長い(180秒)ので、リキャの短いベニゾン&リリーが溜まる方が早いんですよね(追記 仕様変更でリリーなしでもベニゾンが発動可能になりました)。
ただ、アイフォの方がバリア効果時間は長いです。

慈愛はエンドコンテンツの範囲回復に合わせたいほか、霊龍対策(極神龍)にもなるでしょう。

各スキルのホットバーへの配置について

上で取り上げたメインスキルをどこに配置するかは、前回の記事と同じ感じで良いと思います。

前回の記事↓↓↓

「【FF14】白魔導士おすすめスキル配置まとめ(ヒーラー)PS4向け」

1つのクロスホットバーには常用する、リキャストタイム短めのスキルを。
キーボードで使う1列タイプのホットバーには差し込みで使うスキルのほか、リミットややまびこ草を。
エーテルはスズメの涙なのでほぼほぼ使いません・・。

ヒーリングケーン、ヒーリングリリーについて

Lv52のジョブクエストで「シークレットリリー」を習得します。
ヒーリングケーンと呼ばれるHUDに、最大3つまでスタックする花がヒーリングリリーです。
スタック条件はケアル、ケアルラでHP回復を行ったとき(全快時は無意味)。

スタック数に応じてアサイラム、アサイズ、テトラグラマトン、ディヴァインベニゾンのリキャストタイムが短縮されます。
1つで4%、2つで10%、3つで20%ですね。
これはそこまで意識しなくても良いかなと。

ディヴァインベニゾンも元々そんなにリキャ長くないです。
慣れればスタック数をケアルで調節できる余裕も出てきます。

インドゥルゲンティア、ヒーリングリリーを使いこなしていこう

新しく加わったインドゥルゲンティアとリリースタックで使えるスキル。
これらを自在に扱えるようになると、かなり違ってきます。
今学者を育てていますが、いかに白魔導士がヒーラーとして優秀か再認識させてもらいました^^;
白魔導士を極め、PTの命を守る鉄のヒーラーを目指してください!

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

“【FF14】白魔導士|おすすめスキル配置まとめ刷新版|PS4向け” への1件の返信

  1. ピンバック: 【FF14】白魔導士おすすめスキル配置まとめ(ヒーラー)PS4向け