FF7R

【FF7R】INTERmission|アルティメット・シークレッツ戦攻略(ユフィ編)

FF7RのINTERmissionをクリアすると、神羅バトルシミュレーターが解放されます。
本記事では、ユフィ編のシミュレーター最難関となる「アルティメット・シークレッツ」戦の攻略情報をお届けします。
HARDモードでのみ挑めるバトルです。

スポンサードリンク

アルティメット・シークレッツ戦に挑戦

チャプター2のスタート地点から進み、途中にある左側の扉からシミュレーターがある部屋に行けます。
レべリングやSP振り分けなどの準備が済んだら挑みましょう。
おすすめマテリアの組み合わせも参考にしてください。

おすすめマテリア

かいふく はんいか チャクラ いのり そせい バリア いかづち ほのお ぞくせい HPアップ MPアップ マジカル ガードきょうか

属性耐性があると楽なのは、イフリートかラムウ。
防具にほのお=ぞくせいか、いかづち=ぞくせいで各攻撃を防げます。
どちらか装備しておくと良いでしょう。
バハムート戦の方が厄介なので、ほのおとの組み合わせがおすすめです。

後半になるほど忍術での弱点属性攻撃が有効なので、ユフィの魔力が高くなる装備構成が良いですよ。
HPは双方とも7000以上を目指しましょう。

3戦の中でも、対バハムートでのソノンのHP減りが激しいです(オーラ発動中は特に)。
ガード強化をソノンに装備させることで、かなり安定してきます。

バトルのポイント

どのバトルでも「忍術」と「くもがくれ」を使っていくことが大切です。
特に「くもがくれ」は、適切なタイミングで使えばATBゲージが上昇します。
上手に発動させることで、何度でも連続で使えるのです。
通常の回避行動を取るよりも格段に楽になるので、必ず取り入れましょう。

注意点

リミットゲージの引き継ぎはないので、溜まったら早めに消費しましょう。
召喚は5連戦のうち1回のみのようです。
できればバハムートで使わず、プラウド・クラッドにラムウを残すことをおすすめします。

1回戦 バハムート&イフリート

特に注意すべき攻撃に関して、攻略のポイントを解説します。

エリアルレイブ

バハムートが上空を舞ったあと、ユフィめがけて突進攻撃。
着弾地点を中心に範囲攻撃で、即死級です。
タイミングよくくもがくれを使い、確実に避けましょう。

クローラッシュ

進みながら連続で引っ掻き攻撃。
回避連続でも避けられますが、くもがくれを使った方が安全です。
タイミングを合わせて使うことでゲージが溜まり、クローラッシュが終わるまでくもがくれで回避しきれます。

ヘビーストライク

2回連続でのホーミング弾。
両方くらうとかなり痛いので、くもがくれを合わせましょう。
近づいたタイミングで回避しても避けられます。

イフリート召喚

HP半分くらいでイフリートを呼び出します。
忍術変化・氷でなるべく早く倒しましょう。
ソノンのウータイの闘志をイフリートに使えば、しばらく狙ってくれますよ(イフリートに怒気集中は無効)。
イフリートはそこまで硬くないので、一点集中で即撃破を狙います。
ぞくせい=ほのおで完封できる場合は無視しても構いません。

全体のポイント

オーラをまとっている間は、バハムートの近くにいるだけでダメージを受けるので、基本は離れて戦います。
カウント0になったらメガフレア発動。
魔法攻撃なので、カウント1になったらマバリアを展開しておけば生き残れます。

基本的には忍術で攻撃、カウント中など隙が大きいときに連携してアビリティを叩き込みましょう。
ソノンの「円舞突き」にバースト効果があるので、余裕があるときに適宜使用していきます。

ユフィはATBゲージを常に1維持することで、どの攻撃もくもがくれで回避可能です。

スポンサードリンク

2回戦 ラムウ

攻撃パターンはVRの時と似たような感じです。
途中からオーブを出現させ、ラムウと繋がりますが、無視してOKです。
忍術変化・風で弱点属性をつくとともに、ソノンのアビリティでバーストゲージを溜めましょう。

ラムウ戦も、くもがくれを回避のメインに。
あとは忍術と邪気退散で弱点属性をぶつけていきます。
ソノンには「円舞突き」を使わせてバーストゲージをため、弱ったら連携攻撃で一気に詰めましょう。

裁きのいかづちは素受けで6000台ほどのダメージなので、すぐ回復で立て直せば大丈夫。
バハムートに比べると楽に勝てる相手なので、召喚は使わないことをおすすめします。

3回戦 プラウド・クラッド零号機

特に注意すべき攻撃に関して、攻略のポイントを解説します。

ビームキャノン

前方に大ダメージのビーム攻撃です。
離れすぎていると避けにくいですが、その場合はくもがくれを使って回避しましょう。

ビッグハンドクラッシュ

ボス周囲に範囲攻撃、技名が見えたら離れるだけで回避可能です。

全体のポイント

弱点は雷なので、開幕に忍術変化・雷を。
すぐにソノンが拘束されるため、できるだけ腕を狙って拘束を解きます
拘束が解けないと、最終的に即死攻撃がくるので注意しましょう。

マグマのようなダメージ床をばらまきます。
直接当たるのはもちろん、床を踏まないような立ち回りを。
状態異常攻撃を使うので、リボンがあれば安心です。

このバトルでもくもがくれで逃げ回り、雷属性の忍術と邪気退散をメインに攻撃していきます。
ソノンも同様に、「円舞突き」を使わせてヒートゲージ蓄積を促進。

サモンゲージが溜まり次第ラムウを呼べば、比較的楽に撃破可能です。

報酬は「神々の黄昏×2」

クリア後は神々の黄昏が2つGETできます。
ハードモードの攻略が楽になるご褒美なので、手に入れておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

  • この記事を書いた人
アバター

rihira

このブログはライターのrihiraが運営しています。 FF14を中心に、ゲーム攻略、レビュー記事などをお届け。 詳しいプロフィールは下記を参照ください。 詳しいプロフィールを見る

おすすめ記事

1

FF14には、オンラインで他のユーザーたちと協力し、攻略していくコンテンツが豊富です。 一方で、ゲーム自体には興味があるけど他人と絡みたくない、そんな方もいるでしょう。 そういった方が“ソロで遊ぶ”場 ...

2

ApexLegendsだけでなく、FPS全般の用語として使われる「リコイル」について解説します。 リコイル制御が苦手、うまくいかない。 そうした悩みを持つApex初心者、FPS初心者向けに、リコイル制 ...

3

コントローラー向けのアタッチメント「エイムリング」や「FPSフリーク」は、本当に効果があるのでしょうか。 実際に使ってみた筆者が、その効果のほどを検証します。 今回はApexLegendsで、PS4コ ...

4

グラフィック性能などを理由に、FF14のプレイをPS4からPCへ移行する方もいるでしょう。今回は実際に移行した筆者が、具体的な移行方法、移行に関する注意点などを解説します。 ゲーミングPCの購入を機に ...

5

プレイステーション所有者向けの月額課金サービス「PSplus」。PSplusを1つ契約し、2台のPS4で共有することは可能なのでしょうか。具体的な共有方法、PS4とPS5で共有するやり方も解説します。 ...

-FF7R
-,

Copyright © GAMEONLIFE , All Rights Reserved.