【FF14】ログイン制限がかかったら?復帰勢も要注意!対処法まとめ

突如としてやってくる「ログイン制限」。FF14のログイン制限を事前に防ぐ手立てはあるのか、制限がかかったらどうすれば良いのかなどをまとめています。

旦那が1年以上ぶりにFF14に復帰しようとしました、が、詰みました。
ログイン制限」がかかってしまい、かなり面倒くさい自体に陥ってしまったのです。
同じような状況になった方や、これから復帰する方に向けての注意点などを解説します。

スポンサードリンク

ログイン制限とは?

接続環境が変わったり、不正なアクセスを感知した恐れがある時などに発動します。
FF14にログインできなくなり、ゲームが遊べなくなる現象です。

不正なアクセスではなくても、いつもと違うPCからログインした時などにもこういった事態に発展する模様。

アカウント悪用から守るための措置というのは理解できますが、状況次第では面倒な手続きが必要となります。

ログイン制限がかかったら

スクウェア・エニックスアカウントに登録しているメールアドレスに通知が届きます。
そのメールを開き、指示に従ってパスワードを変更すれば、そのパスワードで再ログインが可能となるのです。
通常なら、この手続きのみでサクッとログインが復活します。

登録しているメールアドレスが使えない場合

問題は、登録しているメールアドレスが現在使用できないケースです。
ログイン制限にかかった際の通知メールも、当然届きません。

この場合はスクウェア・エニックス サポートセンター
にアクセスして、アドレス変更の手続きを行います。

この時に公的書類(免許証、保険証、パスポート、交付3ヶ月以内の住民表のいずれか1つ)が必ず必要となるので、事前に準備してください。

上記URLにアクセスしたら、必要事項を入力します(スマホからは不可、PCのみ)。
入力が完了したら「次へ進む」をクリック。
すると公的書類の添付画面に移行します。

ここから撮影した書類をデータとして添付する事が可能です。
それができない場合は、コピーしたものを記載住所に郵送しましょう。

公的書類の送付が完了したら、手続きが一段落した事になります。
ただし、連絡用メールアドレスには受付した旨の通知などはきません。
受付番号が表示されるので、メモしておきましょう。

<その後のスクエニからの対応>

平日だったこともあると思いますが、24時間も経たないうちに連絡用アドレスに返信がありました。
無事に本人確認ができた旨と、希望のアドレスに変更手続きが完了した旨が書かれていました。

さらにメール内にID確認とパスワード再設定ページのURLが添付されていたので、そちらからすぐさまパスワードを変更。
パスワードの再設定も完了できました。

ログイン制限を受けないよう事前にやっておくべき対策

今回は、しばらく使っていなかったとはいえ、メールアドレスの変更を事前にしておかなかったのが原因です。
スクエニアカウントでスクウェア・エニックス アカウント管理システム
からログインし、「アカウント情報変更」からアドレスが変更できます。

長期にわたって休んでいた復帰勢の方は、まずアドレスなど変更になった情報の確認を行ってからログインすることをおすすめします。
いつも遊んでいる場合でも、アドレスを始め登録情報が変わった際には必ず変更手続きを行っておきましょう。

ログイン制限を減らすための「ワンタイムパスワード」

「ワンタイムパスワード」とは、一定時間のみ有効となるパスワードのことです。
ワンタイムパスワードを導入することで安全性を高め、ログイン制限がかかるリスクを抑えることができます。

ワンタイムパスワードを使用するには、スクエニのe-STREで販売されている“セキュリティトークン”を購入するか、無料のスマホアプリ“ソフトウェアトークン”から利用可能です。
詳細は以下の公式サイトからご確認ください。
スクウェア・エニックス アカウント|SQUARE ENIX

ワンタイムパスワードを導入すると、ログイン時にID・パスワードに加えてもう1つパスワードを入力することになります。
ログイン前にワンタイムパスワードを取得し、制限時間内にインしましょう。

ログイン制限を受ける前に手続きを理解しておこう

急に「ログイン制限」なんて言われると、誰でも焦ってしまいますよね。
久しぶりに遊ぼうと思ったのに、その気持ちが折れてしまうと残念です。

そうならないためにも、事前に対処法を知っておきましょう。

アドレスに限らず、アカウントの登録情報に変更が出たときはその都度変更手続きを行ってください。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。