【FF14】ソロでの楽しみ方指南!ソロでもここまで遊べる、楽しめる要素を紹介

FF14は、一部を除きソロでも十分に遊ぶことができるゲームです。どのような遊び方、楽しみ方があるのか。基本ソロで楽しんでいる筆者の考えも交えて解説します。

MMORPGなので、最低限プレイヤー同士の交流はあれど、基本的にソロで遊ぶことができるFF14。
メインストーリーに絡む一部の必須コンテンツは、募集やCFなどの機能を使って人を集めることができます。
では、それ以外でのソロプレイではどのような楽しみ方があるのでしょうか。

スポンサードリンク

ソロ派におすすめ!FF14の楽しみ方

FF14って本当にソロで遊べるの?だとしたらどんな楽しみ方があるの?
1人でマイペースにプレイしたい方にとっては、当然の疑問でしょう。
早速、FF14をソロで楽しむ主な方法を紹介します。

お気に入りのハウジングを目指そう


お金を貯めてハウスを購入し、ハウジングに精を出してみるのがおすすめです。
ハウジングとは、主に内装の変更、家具類の自由な配置、染色、庭があれば庭具や外装の変更も可能。
さらに庭には畑を配置することもでき、好みの植物を育成できます。

家は庭付きの一戸建てか、アパルトメントと呼ばれる個室のみの2パターンがあります。
個人的には、ソロで楽しむなら一戸建てを買うのが◎。
ハウジングの幅が広がり、時間をかけて楽しむことができるためです。

ただ家具を置いて飾るだけがハウジングではありません。
配置にも様々なテクニックがあり、それらを駆使することでオリジナルのインテリアを実現できます。

置ける位置、組み合わせられるアイテム、染色で雰囲気が変わるもの。
1つ1つを探求していけば、きっと自分だけの理想的なマイハウスが完成しますよ。
ハイクオリティなハウジングには時間がかかります。
それゆえ、ソロでコツコツ遊びたい方に向いているコンテンツなのです。

ギャザラー、クラフターを育て上げよう!

ソロ向きな職業といえるギャザラー、クラフター
ギャザラーは採集業、クラフターは製作業の職業で、クラスごとに採集できるもの、製作できるものが異なります。

ギャザクラの育成には、PTを組むなど他プレイヤーの協力は必要ありません。
基本的に1人で地道に育成する職業なので、まさにソロ向きと言えるのです。

お金を貯める“金策”にも、ギャザクラは欠かせない職業。
装備や薬、ご飯などを作って売る。
レアな素材を集めて売る。
これらは最も手っ取り早く、大きく稼げる金策となります。

上述したハウジングを楽しむ上でも、特にクラフターは必要不可欠と言っても過言ではありません。
クラフターが製作できるアイテム、その中にハウジングで使える家具類が豊富に存在するためです。

製作に必要なアイテムは、ギャザラーで集めるのが基本。
そのため、ギャザラーとクラフターは並行して育成するのが良いでしょう。

スポンサードリンク

美麗スポットやおしゃれコーデでSS集め


ある程度ストーリーが進んできたら、装備もたくさん集まってきます。
ミラプリ」と呼ばれる、装備の見た目を変えられる手段も開放できるように。
ミラプリを駆使すれば、見た目重視の装備の外見だけを強い装備にあてがって、おしゃれなコーディネートを完成させることができるのです。

装備品の中には染色可能なものも豊富にあります。
色の組み合わせを変えて、さらなる個性を追求しましょう。

クラフターを育成していれば、それでしか作れない装備も製作可能。
見た目用装備のレシピは、主に秘伝書で入手できますよ。

FF14の世界には、美しいスポットが数多く存在します。
直近のアップデートで、これまで飛行できなかった場所のフライングも実現し、散策がより手軽に。
今まであまり行ってない場所、通り過ぎるだけだったエリアに注目してみれば、違った景色に出会えるかもしれません。

朝、昼、夜など時間帯によって景色が変わる点にも注目。
明け方は美しい朝日が。
夜には満点の星空が仰げる場所があるなど、SS撮影にもってこいなシチュエーションがたくさんあるのです。

おしゃれに着替えて、美しい背景をバッグに撮影し、アルバムに残していく。
これも、ソロで気ままに楽しむ方法の1つといえます。

本当にソロだけで楽しめるの?

これらのコンテンツをソロ“だけ”で楽しむことは可能です。
しかし、より充実させたいのであれば、最低限のPTプレイも取り入れることをおすすめします。

PTプレイと言っても、使うのは自動的にマッチングする「CF(コンテンツファインダー)」、目的別に人を募る「パーティ募集」機能の2つだけでOK。
特にCFはボタンを押すだけでマッチングしてくれ、コンテンツが始まったら最初と最後の挨拶だけしか喋らない、というのがほとんどです。

深く人と絡むのが苦手でも、敷居の低い機能と言えるので、詩学などの通貨や装備品集めなど、ソロプレイを円滑にする物資の補給に活用しましょう。

募集機能も、装備集め目的で募っていることは珍しくありません。
募集に乗っかる、自ら募って目的だけを淡々とこなす、どちらでも大丈夫。

暴言を吐かない、明らかな妨害行為をしないなど、一般常識やマナーさえ守れば、PTプレイは全く怖いものではありませんよ。
基本はソロで、必要に応じてPTプレイもこなしていけば、ソロで楽しむ幅が広がるに違いありません。

完全にソロで遊べるIDもある

漆黒編から加わったIDに関しては、NCPと戦える「フェイス」が活用できます。
コンピューターの仲間と一緒に攻略できるので、該当IDに関しては完全にソロで遊ぶことが可能です。
ただし、IDに応じてNCPのLvを上げておく必要があります。

自分流のソロプレイを楽しもう!


ここで紹介した楽しみ方は、ソロで楽しめるコンテンツの一部です。
自分なりの遊び方を追求し、FF14のソロプレイを堪能しましょう。
時間もしがらみも気にせず、マイペースで楽しめるのがソロの醍醐味。
少しだけPTプレイも取り入れれば、ソロプレイの奥行きが広がることでしょう。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

コメントは受け付けていません。